LOVE LETTERS

手紙で綴られる2時間のドラマがあなたを感動で包みます。

男と女二人だけ 手紙を書き手紙を読む…
今夜あなたもラヴ・レターを書きたくなるでしょう

Recent

from 藤田俊太郎

from 青井陽治

今年30年目を迎える朗読劇『ラヴ・レターズ』に、希代の舞台女優・黒柳徹子の出演が決定!
1989年から2018年まで、「黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ」で比類なきコメディエンヌとして、同シリーズ32作品に出演し、その舞台女優としての魅力と力量を知らしめてきた黒柳徹子が、歴史ある朗読劇『ラヴ・レターズ』に初めて出演します。

今回、相手役を務めるのは、黒柳徹子が共演を望んだ、スペシャルな三名、高橋克典、筒井道隆、吉川晃司。華も実力も兼ね備えた3人のアンディーと、黒柳徹子のメリッサが紡ぐ朗読劇の金字塔『ラヴ・レターズ』。特別な時間を約束する上演に、どうぞご期待ください。
その後を継いで、青井の薫陶を受けた藤田俊太郎が、青井の演出を大切にしながらも、「ラヴ・レターズ」の新たなページを紡いでいきます。どうぞご期待ください!
これまでの出演者一覧はこちら

黒柳徹子スペシャル
LOVE LETTERS

黒柳徹子

高橋克典 筒井道隆 吉川晃司

<東京公演>

公演日程:

10月7日(月) 18:30開演 高橋克典 & 黒柳徹子

10月8日(火) 15:00開演 高橋克典 & 黒柳徹子

10月9日(水) 15:00開演 高橋克典 & 黒柳徹子


10月11日(金) 15:00開演 筒井道隆 & 黒柳徹子 (★公演終了後、黒柳徹子トークショーあり)

10月12日(土) 15:00開演 筒井道隆 & 黒柳徹子


10月14日(月・祝) 15:00開演 吉川晃司 & 黒柳徹子

10月15日(火) 18:30開演 吉川晃司 & 黒柳徹子

10月16日(水) 15:00開演 吉川晃司 & 黒柳徹子


会場:EXシアター六本木

料金:7,800円(全席指定・税込)

一般発売日:2019年8月24日(土)

主催:テレビ朝日

お問合せ:パルコステージ 03-3477-5858(月~土11:00~19:00/日・祝11:00~15:00)

作品ページはこちら

チケット
取扱

  • PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」 ※アプリへの会員登録の他にチケットぴあが運営するパルステ!チケットへの会員登録が必要です(無料)
  • チケットぴあ
    【発売日特電】 0570-02-9920
    【8/25(日)以降】0570-02-9999(Pコード:495-910)
    セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗
  • ローソンチケット
    【発売日特電】 0570-084-635
    【8/25(日)以降】0570-00-0407(オペレーター対応10:00~20:00)
    ローソン、ミニストップ店内Loppi
  • イープラス(e+)

<大阪公演>

公演日程:

10月18日(金) 15:00開演 高橋克典 & 黒柳徹子

10月19日(土) 15:00開演 筒井道隆 & 黒柳徹子(★公演終了後、黒柳徹子トークショーあり)

10月20日(日) 15:00開演 吉川晃司 & 黒柳徹子


会場:森ノ宮ピロティホール

料金:7,800円(全席指定・税込)

一般発売日:2019年8月24日(土)10:00AM

主催:サンライズプロモーション大阪

お問合せ:キョードーインフォメーションTEL0570-200-888(10:00~18:00)http://kyodo-osaka.co.jp

ラヴ・レターズ
2019 Autumn Special

日程:2019年10月31日(木)〜11月4日(月・休)

会場:新国立劇場 小劇場

10月31日(木) 19:00開演 尾上右近 & 剛力彩芽
11月1日(金) 19:00開演 平方元基 & 昆 夏美
11月2日(土) 15:00開演 三浦貴大 & 大島優子
11月3日(日・祝) 15:00開演 岡山天音 & 黒島結菜
11月4日(月・休) 15:00開演 松本利夫(EXILE) & 樹里咲穂

料金:5,500円(全席指定・税込)
一般発売日:2019年9月14日(土)
お問合せ:
<チケットに関するお問い合わせ>サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日 12:00~18:00)
<公演に関するお問合せ>パルコステージ 03‐3477‐5858(月~土11時~19時、日・祝11時~15時)

作品ページはこちら

チケット取扱

PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」▷
※アプリへの会員登録の他にチケットぴあが運営するパルステ!チケットへの会員登録が必要です(無料)

チケットぴあ ▷
【発売日特電】0570-00-9916
【9/15以降】0570-02-9999(Pコード:496-857)
セブン-イレブン、チケットぴあ店舗

ローソンチケット▷
【発売日特電】0570-08‐4634
【9/15以降】0570-00-0407(オペレーター対応/10:00~20:00)
ローソン、ミニストップ店内Loppi

イープラス(e+)▷

新国立劇場ボックスオフィス 10:00~18:00
※発売日初日から劇場窓口にてお買い求めいただけます。
※お支払いは現金のみのお取扱いとなります。

手紙で綴られる2時間のドラマがあなたを感動で包みます。

舞台にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った男優と女優が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。 大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もない、このシンプルな舞台が、これほど見るものをとらえてはなさないと、誰が想像できたでしょうか…?
「ラヴ・レターズ」は1989年ニューヨークで初演されるやいなや、全世界で上演され静かなブームを巻き起こしました。 パルコ劇場でも1990年8月19日に幕を開け、以来26年間、この一つの台本を、年齢も個性も異なった様々な延べ460組のカップルが読み続けてきました。
俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わる舞台。世代、年代、個性に応じて全く新しい「ラヴ・レターズ」が誕生します。 俳優が身体的演技を行なわないゆえに、一層その声と姿に彼等の演技を超えた真情がほとばしるのを目の当たりにし、観客は新鮮な感動を共に分かち合うのです。

STORY

アンドリュー・メイクピース・ラッド三世と、メリッサ・ガードナーは裕福な家庭に生まれ育った典型的WASP (ホワイト アングロ サクソン プロテスタント‥‥‥‥アメリカのエリート人種)である。幼馴染みの二人は対照的な性格だ。 自由奔放で、束縛を嫌う芸術家肌のメリッサ。穏やかで、内省的、口よりも文章で自分を表現するのが得意なアンディー。 アンディーは自分の感じること、彼女についての自分の意見などを折にふれてメリッサに伝える。メリッサは手紙よりも電話の方が楽で好きだ。 しかし、電話で思ったようにコミュニケーションできないアンディーの手紙にはつきあわざるを得ない。

思春期を迎え、それぞれ別の寄宿学校に送られて過ごす二人。会えるのは休みで親元に戻った時だけである。 伝統的な暖かい家庭に守られているアンディー。一方、メリッサはアンディーより裕福だが、離婚と結婚を繰り返す母親のもとで孤独な思いを噛み締めている。 恋に目覚める季節、お互いを異性として充分意識する二人だが、どういう訳かぎごちなく気持ちは行き違い、しびれをきらしたメリッサは他の男の子とつきあってみたりする。そして、遂に決定的に結ばれるチャンスが巡ってきた夜、二人は友達以上にはなれない自分達を発見する。

大学を出た二人はいよいよ全く別の道を歩き始める…。

作者 A.R.ガーニー プロフィール

アメリカ、バッファロー生まれ。20年以上にわたりMIT(マサチューセッツ工科大学)にて文学を教える。2017年6月没。 主な作品は「ダイニング・ルーム」、「パーフェクト・パーティ」、「カクテル・アワー」、「ゴールデン・エイジ」、 「スイート・スウ」、「レイター・ライフ」、「シルヴィア」、「オーヴァータイム」、ミュージカル「レッツ・ドゥ・イット」 (コール・ポーター音楽)等。受賞歴も多数。「ラヴ・レターズ」は1988年、ニューヘイブンのロング・ウォーフ・シアターで世界初演が行われた。 1989年にはブロードウェイ、エディソン・シアターに登場。さまざまなアンディーとメリッサに出会いながらロンドン、パリ、オーストラリア、デンマーク、 オランダ、アルゼンチン、ドイツ、そして日本と、世界各地で上演されている。

訳・演出家:青井陽治 プロフィール

翻訳家・演出家。1969年、劇団四季演劇研究所入所。多数の舞台に出演すると同時に翻訳・訳詞・劇作も行う。1976年よりフリーとなり 、以後、海外戯曲の上演、ミュージカルの創作に独自の世界を築く。第3回湯浅芳子賞翻訳・脚色部門を受賞。第3回・第6回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。 2017年9月没。主な作品に「真夜中のパーティ」「リトルショップ・オブ・ホラーズ」「あなたまでの6人」「GODSPELL」など。「ラヴ・レターズ」では、 1990年8月19日の第1回公演から2016年12月10日の第469回公演まで訳・演出を務めた。

演出 藤田俊太郎 プロフィール

1980年生まれ、秋田県出身。 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在学中の2004年、ニナガワ・スタジオに入る。 2005年以降2015年まで蜷川幸雄作品に演出助手として関わった。2015年『ザ・ビューティフル・ゲーム』の演出により 第22回読売演劇大賞 杉村春子賞 優秀演家賞。 2017年『ジャージー・ボーイズ』の演出により第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞。  『ジャージー・ボーイズ』『手紙2017』の演出の成果に対して第42回菊田一夫演劇賞。2015年『美女音楽劇 人魚姫』2016年 『Take Me Out』2017年『ダニーと紺碧の海』『ピーターパン』演出。

from 藤田俊太郎

from 青井陽治

1990年、青井陽治とパルコは「LOVE LETTERS」の上演をスタートしました。
当初の上演スタイルは、別作品の休演日や日曜日のマチネ公演の後に公演するというものでした。
出演者も30歳以上の方々に限っていましたが、若い俳優たちの「僕たちもLOVE LETTERSがやりたい!」という声に応え、パルコスペースパート3で"YOUNG AND PROMISING"というシリーズを始めました。
この冒険がやがてパルコ劇場だけでなく、日本各地の劇場での上演につながっていきます。
上演を重ね27年目の2016年8月、「LOVE LETTERS」469回目の公演をフィナーレに、パルコ劇場が一旦休館しました。
そして1年後の2017年9月1日、翻訳・演出家として26年間の「LOVE LETTERS」と共にあった青井陽治が天に旅立ちました。まるでパルコ劇場と歩みをともにするような、青井陽治の退場でした。

2017年12月、青井陽治の遺志を受けて、藤田俊太郎が「LOVE LETTERS」を演出します。

青井陽治の薫陶を受けた藤田俊太郎が、追悼の想いを込めて、その演出を大切にしながら、新たな歩みを進めていきます。

これまでの出演者一覧はこちら