PARCO PRODUCE 2022 エレファント・ソング

作品概要

  • ニコラス・ビヨン
  • 翻訳

    吉原豊司
  • 演出

    宮田慶子
  • 出演

    井之脇海 寺脇康文 ほりすみこ
  • STAFF

    美術:土岐研一 照明:中川隆一 音響:長野朋美 映像:大鹿奈穂 衣裳:西原梨恵 ヘアメイク:河村陽子
    演出助手:髙野 玲 舞台監督:林 和宏 
    宣伝:ディップス・プラネット 宣伝美術:内田あみか 宣伝写真:加藤アラタ 宣伝衣裳:森 保夫 宣伝ヘアメイク:岩下倫之・吉田太郎 宣伝映像:尾野慎太郎 
    企画・製作:株式会社パルコ
  • 失踪した医師の謎、青年の仕掛けた巧妙な罠と隠された悲しい真実——
    診察室を舞台に繰り広げられる緊張感溢れる心理スリラー

     本作は、2002年にカナダの作家 ニコラス・ビヨンによって書かれ、モントリオールのインフィニシアターで朗読され、2003年から2010年にかけてモントリオールを中心に舞台を上演。その後、舞台・朗読がオーストラリア、ロンドン、ニューヨーク、韓国など世界でも上演されました。また、世界の映画祭で受賞歴のあるカナダの映画監督で俳優のグザヴィエ・ドランがこの本に惚れ込み、2014年には自身が主演を務めて映画化もされました。
     突然失踪したローレンス医師の所在を知るために、彼が担当していた患者のマイケルとの対話を試みる病院長・グリーンバーグ。真偽の分からない会話や、象についての意味のない無駄話に拘る患者・マイケルと、彼の言葉に翻弄され続けるグリーンバーグ院長との、診察室で繰り広げられる心理戦。驚くべき結末に向けて、緊張感あふれる会話劇が展開いたします。
     
    今、一番勢いのある若手俳優・井之脇海が、PARCO劇場で舞台初主演!
    百戦錬磨のベテラン俳優・寺脇康文とがっぷり四つに組んだ会話劇に挑む。
     
     主人公のマイケルを演じるのは、子役としてキャリアをスタートし、近年はドラマ・映画などの話題の映像作品で引く手あまたの活躍を見せる井之脇海。誰よりも愛情を渇望しながら、他人を籠絡しようとする“普通ではない青年”という難役で、舞台初主演を果たします。
    このマイケルと対峙する精神病院の院長、ドクター・グリーンバーグには、シリアスからコメディーまで柔軟な演技力で存在感を放つ寺脇康文。『恐竜と隣人のポルカ』(08)以来、約14年ぶりのPARCO劇場登場です。また、劇団天真爛漫、劇団扉座を経て、13年から演劇ユニット「なゆた屋」を主宰するほりすみこが、マイケルが嫌う看護師のミス・ピーターソンに扮し、一筋縄ではいかない緊迫した会話劇を盛り上げます。
     三人の実力派俳優による、目を離せぬ緊張感あふれる舞台にご期待ください。
     
    画像
     
     
    あらすじ
     
    精神科医のドクター・ジェームス・ローレンスが失踪した。
    病院院長のグリーンバーグは、ローレンスが失踪前最後に診た患者マイケルに事情を聞くためにローレンスの診察室を訪れる。
    病院の看護師ピーターソンは言う「マイケルは普通とはちょっと違います。見くびらない方がいいですよ。弄ばれますよ」。
    マイケルは初めから普通ではなかった。まるで関係のない「象」についての話から始まり、つかみどころのない話でグリーンバーグを翻弄する。しかし、ローレンスが姿を消した事情は知っているらしく、その真実を教える取引を持ちかけてくる。
     
    条件1、ミス・ピーターソンには、この件に一切介入させないこと。
    条件2、自分の患者カルテを読まないこと。
    条件3、真実を話したご褒美にチョコレートをくれること。
     
    そうして始まったマイケルとの対話。それはマイケルの仕掛けた巧妙なゲームだった。マイケルはローレンスの失踪の真実を知っているのか。度々脱線する象にまつわる話は何を意味するのか。
    ゲームには悲しく衝撃的な結末が用意されていた。
  • スタッフプロフィール & コメント

    [演出] 宮田慶子 / Keiko Miyata

    1980年、劇団青年座(文芸部)に入団。83年青年座スタジオ公演「ひといきといき」の作・演出でデビュー。きめ細かい演出で、翻訳劇、近代古典、ストレートプレイ、ミュージカル、オペラと多方面にわたる作品を手掛ける一方、演劇教育、日本各地での演劇振興、交流にも積極的に取り組んでいる。
    2010年から2018年8月まで新国立劇場演劇芸術監督。16年4月より新国立劇場演劇研修所所長。また、公益社団法人日本劇団協議会常務理事、日本演出者協会副理事長も務める。
    主な受賞歴に、第29回紀伊国屋演劇賞個人賞(青年座「MOTHER」)、第5回読売演劇大賞優秀演出家賞(青年座「フユヒコ」)、芸術選奨文部大臣新人賞(新国立劇場「ディア・ライアー」)、第43回毎日芸術賞千田是也賞、第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞(青年座「赤シャツ」「悔しい女」、松竹「サラ」)など。その他の主な演出作品に「砂塵のニケ」「るつぼ」「君が人生の時」「消えていくなら朝」「クイーン・エリザベス」「北齋漫畫」など多数。

     
    ≪コメント≫
    精神病院の診察室という密室で繰り広げられる、綱渡りの様なやりとりが秀逸な戯曲です。マイケルの紡ぎ出すナイーブな虚実ないまぜの言葉たちが、医師グリーンバーグの感情を揺さぶり翻弄し続けます。愛することを願い、愛されることを願うマイケルの切実な思いに、孤独の深さと人生の不条理さが浮かび上がり、人と人との関係はもっともっと柔らかく温かくあるべきと祈りたくなります。
    井之脇海さん、寺脇康文さん、そして看護師役のほりすみこさん、たった三人で組み上げていく濃密な関係性がとても楽しみです。観てくださった方の心の中の柔らかな部分に届けることができたらと思います。
  • キャストプロフィール & コメント

    井之脇海 / Kai Inowaki  1995年11月24日生まれ 神奈川県出身

    2008年、映画「トウキョウソナタ」で第82回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第23回高崎映画祭最優秀新人俳優賞を受賞。18年、自身の初監督作品で脚本・主演も務めた映画「3Words 言葉のいらない愛」が第68回カンヌ映画祭 ショートフィルムコーナー部門で入賞した。近年の主な出演作として、【テレビ】「ちむどんどん」(NHK・22年4月11日開始)、「津田梅子~お札になった留学生~」(EX・22)、「義母と娘のブルース」(TBS・22・20・18)、「プロミス・シンデレラ」「俺の家の話」(TBS・21)、「ハルとアオのお弁当箱」主演(BS-TX・20)、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(CX・20)、【映画】「とんび」(22年4月8日公開)、「猫は逃げた」(22年3月18日公開)、「ONODA 一万夜を越えて」「ミュジコフィリア」主演、「Arcアーク」「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」(21)、【舞台】「CITY」(19)などがある。

    ≪コメント≫
    映画版でグザヴィエ・ドランが、「マイケルは僕だ」と出演を熱望したそうですが、僕も今回、戯曲を読んで、直感的に「マイケルを演じるのは僕だ」と強く思いました。
    演劇初主演で、不安な点もたくさんありますが、大先輩の寺脇さん、ほりさん、演出の宮田さんの胸をお借りして、僕なりのマイケルを探していきたいです。
    どんな舞台になるのか僕自身わくわくしています。ぜひ楽しみにしていてください。
     
     

    寺脇康文 / Yasufumi Terawaki 1962年2月25日生まれ 大阪府出身

    1984年に三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。複数の 公演出演を経て、退団。94年に、岸谷五朗とともに演劇ユニット「地球ゴージャス」を結成。以降、舞台や映画、ドラマなどでも活躍。08年第16回橋田賞俳優部門、09年第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。近年の主な出演作に、【テレビ】「今野敏サスペンス 警視庁臨海署安積班」(TX・21)、「路〜台湾エクスプレス〜」(NHK・20)、「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」(NHK・19)、【映画】「ぬけろ、メビウス!!」(22年公開予定)、「ブルーヘブンを君に」(21)、「フード・ラック!食運」「エキストロ」(20)、「決算!忠臣蔵」(19)、「空飛ぶタイヤ」(18)、【舞台】「怖い絵」(22年3月上演)、「マイ・フェア・レディ」(22-21・18・16)、「スタンディングオベーション」「The PROM」(21)、「星の大地に振る涙 THE MUSICAL」(20)などがある。

    ≪コメント≫
    マイケルとグリーンバーグの、息をのむような、緊迫感ある会話。ポイントポイントで参加してくる、魅力ある、ピーターソンの存在感。とても面白く、一気に読ませていただきました。
    しかし、そのあと、ふと我に返り、ゾッとしました。
    え? このセリフ量、覚えられるか? ていうか、上手く出来る?この役! いやー!怖い!なと。
    でも、一晩寝て、考えなおしました。
    断るのは簡単だし、逃げるのも簡単だ。だか、それでいいのか! 挑戦しない人生でいいのか!と。
    ここは、やるしかない! キャスト、スタッフ、タッグを組んで、皆さんに楽しんでもらうしかない!
    …という訳で、優しい眼で観てくださいね(笑)
     
     

    ほりすみこ / Sumiko Hori 8月18日生まれ 大阪府出身

    劇団天真爛漫、劇団扉座を経て、2005年演劇ユニット「ここかしこの風」の旗揚げに参加。その後、13年に自身のユニット「なゆた屋」を旗揚げ、主宰。俳優だけでなく、声優・ナレーターなど広く活躍している。近年の主な出演作に、【テレビ】「銭形警部」(NTV・17)、「きみはペット」(CX・17)、「いつかティファニーで朝食を」(NTV・15)、「玉川区役所OF THE DEAD」(TX・14)、【舞台】「アキとハルと」(19)、「絶望的観測」(18)、「jellyfish」(17)、「改訂版・二等辺三角形」(15)、「こんなにも」(12)、「ROLLING -the postman-」(10)、「こころ」「Tea」(09)などがある。


チラシ

舞台写真

もっと見る

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.