PARCO劇場オープニング・シリーズ “ねずみの三銃士”第4回企画公演 獣道一直線!!!

作品概要

  • 宮藤官九郎
  • 演出

    河原雅彦
  • 出演

    生瀬勝久 池田成志 古田新太
    山本美月 池谷のぶえ 宮藤官九郎
  • 企画

    ねずみの三銃士
  • プロデュース

    株式会社パルコ
  • 画像
    画像
    演劇界のチームリーダーである、生瀬勝久池田成志古田新太が“今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!”思いで結成された“ねずみの三銃士”による企画公演。
    脚本には近年、2017年にテレビドラマ『ゆとりですがなにか』で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞や、大河ドラマ『いだてん~オリムピック噺~』(19年)の脚本家をはじめ、俳優、演出家、アーティストとマルチに活躍し実力を発揮する宮藤官九郎、演出には舞台『ロッキー・ホラー・ショー』(16)、ミュージカル『愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」』(19/脚本も)、『オリエント急行殺人事件』(19)など多くの話題作の演出を務める河原雅彦と、最強メンバーが集結し毎回PARCO劇場で上演を企てて来た大人気シリーズです。
     
    2004年の第一回公演「鈍獣」では第49回岸田國士戯曲賞を受賞し、のちに映画化。2009年の第二回公演「印獣」では主演に大女優・三田佳子を迎え、豪華競演が実現し、そして、2014年の第三回公演「万獣こわい」では第22回読売演劇大賞優秀作品賞受賞するなど、いずれも大きな話題をさらいました。

    第4弾となる今作も前3作同様に、ねずみの三銃士発案のネタをベースに、宮藤官九郎が新作を書き下ろし、河原雅彦の演出、お楽しみのゲスト俳優を迎え、6年ぶりに新生PARCO劇場のオープニング・シリーズとして還って来ます。
     
    ねずみの三銃士企画公演第4弾は、山本美月、池谷のぶえの人気実力派に加え、脚本を担当してきた宮藤官九郎も今回初出演が決定!
     
    テレビドラマ『パーフェクトワールド』(19)、『ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜』(20)、映画『ザ・ファブル』(19)など多くのテレビ・映画に引っ張りだこの山本美月。山本は2014年『怪談・にせ皿屋敷』以来、2度目の舞台出演となります。バラエティ番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』で注目を集め、近年テレビドラマ『G線上のあなたと私』(19)や舞台『恋のヴェネチア狂騒曲』(19)など話題作に出演し、存在感ある演技を発揮する個性派・池谷のぶえ。そして、第一回から脚本を手掛ける宮藤官九郎も今回出演として初参加することが決定しました。
     
    演劇界を率引するねずみ三銃士に、一筋縄ではいかない個性豊かなゲストを迎えて贈る本作は、3つの事件を軸にブラックな笑いを交えながらもどこか不気味で中毒性があること間違いなしです!是非ご期待ください!
     
    ★あらすじ★
    一面識もない独身男性3人が殺害された。
     
    殺害方法も三者三様。無関係と思われた3つの事件。
    被害者の共通点は、大金を持っていて、婚活サイトに登録していた。
    そして同じメーカーのED治療薬を飲んでいた。
     
    事件に関心を持ったドキュメンタリー作家が取材を続ける中で浮かび上がってきた1人の女性の存在。
     
    『苗田松子』
    3人の被害者は、苗田松子と名乗る女と、関係を持っていた。
     
    なぜこんな女に騙されるのか。男たちは耄碌していたとしか思えない。
    しかし、苗田松子を取材するうちに自身も事件の闇に取り込まれ......。
  • COMMENT

    画像宮藤官九郎(作)コメント
    ほぼ毎回そうですが、女の人に騙される男性の話です。これまで、作品の中で起きる「事件」を追いかけるルポライターや作家を必ず登場させてたのですが、今回も誰にやってもらおうかとなった時に、成志さんから「宮藤出られないの?」というお話をいただきました。このシリーズ旅公演も多いので、その楽しかった話をよく聞いていて、僕はいつも行けないので、羨ましいなと思っていて(笑)、出られるなら出ておきたいなと思って、今回は出演者としても参加させていただくことになりました。自分で書いたものを自分で演出せず、役者で出るというのは初めてなので、どんな風になるのか、今は想像がつかなくて、すごく楽しみです。このシリーズ、ちょっと「いや~な」芝居ですが、僕も舞台上で笑いを散りばめながら楽しんでもらえるものにしていきますので、是非劇場に足をお運びください。
     
    画像河原雅彦(演出)コメント
    前作から6年、4作品目が「獣道一直線!!!」という中学生的なタイトルに決定したということで、僕達らしいなと思ってます。シリーズ通して、人間の暗部をでたらめなエンターテインメントに落とし込んで芝居にしてますが、そういった表現ができるのも「ねずみの三銃士」ならではだと思うので、今回も期待してもらえたらと思います。池谷さんはずば抜けて芸達者でパンチのある女優さんですので、「ねずみの三銃士」のお三方の中に入った時にどんなことが起きるのか楽しみですし、山本美月さんは今回初めてご一緒しますが、華やかでかわいらしい方なので、そわそわします(笑)。加えて、宮藤さんのように気心の知れた作家さんが、役者としても出てくれるっていうのは本当に心強いし、稽古場でもアイデアを持ち寄りながら作っていけるので、面白いことになりそうな予感でいっぱいです。
     
    画像生瀬勝久 コメント
    宮藤君からプロットをいただいたんですが、予想を超える面白さになっています。ここから肉付けされていったらどんなことになるか、面白さは保証されてるので、体調を万全にして挑みたいと思います。ゲストの池谷のぶえさん、山本美月さん、それぞれ共演したことがありますが、お二人とも本当に魅力的な女優さんなので、一緒に舞台に立てることが楽しみです。このシリーズは、今まで三作やってきましたが、他に似たような作品がないですし、僕たちにしかできないことをやっている自負もあるので、今回も期待してください。
     
    画像池田成志 コメント
    色々と心配なことが多い昨今ですが、そんなムードを吹き飛ばすような楽しいことを劇場で起こせたらと思っています。今回も、「宮藤すごいな!」っていう内容で、ゲラゲラ笑いながら読んでいたら、家族に引かれてしまいました(笑)。宮藤君が出演してくれることにもなったので、稽古場でもブラッシュアップしてどんどん面白くなっていくだろうなと。例によってハードな話になっているので、ゲストの池谷のぶえさんと山本美月さんには、よくぞ引き受けてくださった、という気持ちです。鬱陶しいおじさん達かもしれませんけど、一緒に楽しんで作ってもらえたらと思いますし、僕たちが楽しんで作っている雰囲気も含めてお届けできたらと思います。
     
    画像古田新太 コメント
    今回の元ネタのアイデアはおいらが出しました。老人がそんなにきれいでもない女性に財産をつぎ込むまで騙されてしまう。「老人」を三銃士がやるってのを宮藤に書いてほしい、というのをリーダー(河原雅彦)に伝えました(笑)。そしたら成志さんが「宮藤にも出てもらおう」と言い出して、今に至ります。
    おいら達がどんな目にあっても良いので、女性がチャーミングにうつる作品にしたいなと思ってます。
     
    画像山本美月 コメント
    人生で2回目、しかも6年ぶりの舞台出演で、こんなに素敵な皆さんと並んで大丈夫かとても心配ですが、初めて舞台に立つ気持ちで初心に帰って勉強させていただけたらと思っています。内容はすごく「怖い」、でも興味を惹かれる話で、私の役と池谷さんの役がどんな風に絡んでいくのか、想像がつかないですが、皆さんの胸をお借りして挑戦したいと思います。応援していただけたら嬉しいです。
     
     
    画像池谷のぶえ コメント
    色々な演劇のユニットがありますが、恐怖のユニットと言いますか、どんな怖いものを見せてくれるんだろうっていう独特の期待感があるユニットだなっていう印象を持っていました。私自身も「演劇魔人」達の中でどうしたらいいんだろう、という恐怖心があります(笑)。内容も個人的に気になっていたモチーフだったので、どういう風に表現されるのか楽しみです。「一つのカンパニーにお一人いたらスゴイ!」という方が三人も集まっている贅沢なユニットに参加させていただけることを私自身役者としての転換期になることを期待して挑みたいと思います。
  • “ねずみの三銃士”企画HISTORY

    画像「鈍獣」(2004年)
    作:宮藤官九郎 演出:河原雅彦
    出演:生瀬勝久・池田成志・古田新太/西田尚美・乙葉・野波麻帆
    *2004年7月31日〜8月22日PARCO劇場 他 大阪、神戸、広島、福岡にて上演
    【特設ページはこちら】
     
    画像「印獣」(2009年)
    作:宮藤官九郎 演出:河原雅彦
    出演:三田佳子/生瀬勝久・池田成志・古田新太/岡田義徳・上地春奈
    *2009年10月13日〜11月15日PARCO劇場 他 札幌、新潟、名古屋、大阪、福岡にて上演
    【特設ページはこちら】
     
    画像「万獣こわい」(2014年)
    作:宮藤官九郎 演出:河原雅彦
    出演:生瀬勝久・池田成志・古田新太/小池栄子・夏帆・小松和重
    *20014年3月15日〜4月8日PARCO劇場 他 札幌、仙台、新潟、松本、名古屋、大阪、福岡、沖縄にて上演
    【特設ページはこちら】
     
    “ねずみの三銃士”DVD・ブルーレイ・戯曲本はPARCO STAGE SHOPにて販売中!
    画像

動画

  • 宮藤官九郎コメントmovie

  • 河原雅彦コメントmovie

  • 生瀬勝久コメントmovie

  • 池田成志コメントmovie

  • 古田新太コメントmovie

  • 山本美月コメントmovie

  • 池谷のぶえコメントmovie

もっと見る

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.