モダンボーイズ

作品概要

  • 横内謙介
  • 演出

    一色隆司
  • 出演

    加藤シゲアキ / 山崎樹範 武田玲奈 坂口涼太郎 溝口琢矢 松田賢二 きづき 伴美奈子 羽子田洋子 清瀬ひかり 紺崎真紀 橋本菜摘 大川亜耶 須田拓未 / 加藤虎ノ介 神保悟志 大鷹明良
  • スタッフ

    美術:松井るみ 音楽監督:後藤浩明 照明:吉川ひろ子 音響:山本浩一 衣裳:前田文子 ヘアメイク:河村陽子 ステージング:前田清実 映像:松澤延拓 舞台監督:南部丈 演出助手:神野真理亜 音楽監督助手:高崎真介 ステージング助手:中谷薫
  • 企画・製作

    パルコ
  • 作家としても活躍するNEWS加藤シゲアキ、約3年半ぶりの舞台主演!
    レトロモダンで個性豊かなキャストが結集し、劇場愛にあふれた青春群像劇に挑む!

    画像
     1994年に都政施行50周年記念公演として上演された、幻の名作ともいわれる青春群像劇『モダンボーイズ』。舞台は日中戦争直前、浅草のレビュー小屋。プロレタリア革命を志す学生で、ひょんなことから浅草エフリィという芸名でレビューの人気者となった加藤シゲアキ演じる矢萩奏が、小屋の座付き作家と出会ったことにより、生きる居場所を見つけ、自分にしかできない革命を見出していく物語です。
     
     矢作の未来を導くレビュー小屋の座付き作家・菊谷栄に山崎樹範、スター女優を目指し一座にやってくる若月夢子に武田玲奈、更に、坂口涼太郎溝口琢矢松田賢二きづき加藤虎ノ介神保悟志大鷹明良ら、若手からベテランまで個性豊かなキャストが顔を揃えました。
     
     何のために、なぜ生きるのか? 自分に何ができるのか?大戦前夜の不穏な時代に、革命を信じ社会運動に身を投じていた若者と、舞台で輝かしいエンターテインメントをつくろうと闘い続けた役者や劇作家たち。舞台こそが生きる場所だと信じ、闘い、仲間をみつけた若者をめぐる青春群像劇が、いまに蘇ります。どうぞご注目ください!
     
     
     
    演出を手掛けるのは大河ドラマ等の演出でも活躍がめざましい一色隆司。
    27年ぶりに幻の名作が新演出で蘇る!
     
    今作の演出を手掛けるのは、一色隆司。NHKにて、『精霊の守り人』シリーズ第三部や、『麒麟がくる』などの演出を務める傍ら、2016年にシアタートラムにて上演された『令嬢と召使』で舞台初演出。その後2018年には『人形の家』を、2020年には宮崎駿原作『最貧前線』を演出し脚光を浴びる、注目の演出家です。
    今回は27年前に上演された幻の名作『洒落男たち~モダンボーイズ』を、新たな演出で上演いたします。
    何のために、なぜ生きるのか? 自分に何ができるのか?大戦前夜の不穏な時代に、革命を信じ社会運動に身を投じていた若者と、舞台で輝かしいエンターテインメントをつくろうと戦い続けた役者や劇作家たち。舞台こそが生きる場所だと信じ、闘い、仲間をみつけた若者をめぐる青春群像劇が蘇ります。どうぞご注目ください!
     
     
    【あらすじ】
    日中戦争前夜、浅草のレビュー小屋。座付き作家の菊谷栄に、同郷(青森)の友人・工藤がプロレタリア革命を志す同じく青森出身の学生・矢萩奏を紹介する。
    ある日、矢萩が警察に追われて劇場に逃げ込んでくる。菊谷と劇場の仲間たちは、矢萩に道化の扮装をさせて、警察から匿う。尋問を受け、菊谷はコーラスボーイだとごまかすが疑う特高刑事。仕方なく歌を披露する矢萩。故郷で合唱部だった矢萩の「My Blue Heaven」の歌声はすばらしかった。
    矢萩は劇場に身を隠すことになる。そこで思想活動のために封印していた音楽の才能が開花し、やがて矢萩は浅草エフリィの芸名でレビューの人気者となっていく。しかし不景気と戦争が切迫する時代。不要不急と言われる浮かれたレビューの世界に生きることに悩み揺れながら、そんな時代に劇場の扉を開き、歌い、踊り続けることの意味を、矢萩は菊谷や仲間たちとともに噛みしめてゆく。

    ※本公演では、一部喫煙の場面がございます。使用しておりますものは、健康に配慮した咳止め薬でございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • プロフィール・コメント

    【演出】一色隆司(いっしき・たかし)
    1967年6月27日生まれ 大阪府出身
    NHK エンターフライズ 制作本部ドラマ番組エグゼクティブ・ディレクター。南カリフォルニア大学(USC)映画学部制作学科卒業。1991 年にNHK エンタープライズに入社。ハイビジョン関連の事業や番組に従事し、97年『ジェームズキャメロン』ドキュメンタリー(モントルー・エレクトリックシネマフェスティバル・フェスティバル賞受賞)、99年NHKスペシャル『世紀を超えて・ハリウッド』制作後、ドラマ部へ異動。時代劇『茂七の事件簿』(高橋英樹)、『アフリカの蹄』(大沢たかお)、『坂の上の雲・留学生』(本木雅弘)、『紙の月』(原田知世)、『精霊の守り人』シリーズ第三部(綾瀬はるか)、大河ドラマ『麒麟がくる』(長谷川博己)などを手掛け、『家康、江戸を建てる・金貨の街』(柄本佑・市村正親・吉田鋼太郎)ではアメリカ国際映画テレビアワード・銀賞受賞。舞台は、16年にシアタートラムて上演されたストリンドベリー原作『令嬢と召使』(雛形あきこ・渡部豪太) で初演出。18年にはイプセン原作『人形の家』(北乃きい・佐藤アツヒロ)を手掛け、俳優に寄り添い、言葉と格闘する熱意のある演出で話題作を世に送り出した。20年に演出した、宮崎駿原作『最貧前線』(内野聖陽・風間俊介・溝端淳平)では、内野聖陽が芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
     
    コメント
    脚本を読んだ時、これを今やらないでいつやるのだ?!と思いました。自分の居場所を探し求める主人公と、彼を取り巻く人間模様。エンターテインメントの世界での栄光と挫折、そして、恋。登場人物がとても魅力的で愛おしい…これこそ、閉塞感漂う今の世の中に届けたい!!と思えた作品です。
    主演の加藤シゲアキさんは、アーティストとして様々な顔を持つだけあって溢れ出るエネルギーが半端ない方です。それを正面から受け止めて、劇場に、そして、皆さんの心に光が射すような、そんな作品を目指します。
    世の中の厳しい状況はまだ続いています。しかし、脚本の横内謙介さんの言葉「演劇の灯は消えない」を胸に、私たちが少しでも前進する為のヒントになるような作品を創るべく、「劇場の扉を開いて」、慎重に、誠実に取り組んでいきたいと思います。
     
     
     
    【主演】加藤シゲアキ(かとう・しげあき)
    1987年7月11日生まれ 大阪府出身
    2003年「バレーボールワールドカップ2003」イメージキャラクターとして結成された「NEWS」のメンバーとして04年に「希望~Yell~」でCDデビュー。グループ活動のほかに、執筆活動も積極的に行っており、今までに『ピンクとグレー』、『閃光スクランブル』、『Burn.―バーンー』、『傘を持たない蟻たちは』、『チュベローズで待ってる』、『オルタネート』と多くの作品を発表。『傘を持たない蟻たちは』に収録されている『染、色』は舞台化が決定し、20年に発表した『オルタネート』は第164回直木賞、2021年本屋大賞にノミネートされた。さらに、TBS系バラエティ『NEWSな2人』では若者が抱える社会的問題に向き合っている。近年の主な出演作に【舞台】『グリーンマイル』(17)、『中の人』(14)、『6月のビターオレンジ』(11)、【映画】『ピンクとグレー』(16)、【ドラマ】『六畳間のピアノマン』(21・NHK)、『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(19・CX)、『犬神家の一族』(18・CX)、『ゼロ 一攫千金ゲーム』(18・NTV)、『ゼロ エピソードZERO』(18・Hulu)などがある。『二月の勝者-絶対合格の教室-』(NTV)が放送を控えている。
     
    コメント 
    「モダンボーイズ」の台本を拝読して、今こそ上演されるべき作品だと感じました。昭和初期の激動の時代、海外の文化の影響が思想にも娯楽にも現れる反面、その2つが衝突してしまう頃。検閲によって思うような作品を作れない、意のままに舞台を上演できないというのは、令和三年になった今、状況は違えど重なるところがあります。
    社会を良くするのは思想か娯楽か。人としての豊かさはどこにあるのか。そして、自分らしく生きるとは何か。
    レビューというエンターテインメントに生きた人々の息遣いと熱狂と興奮を楽しんで頂けるよう、私が演じる矢萩奏のように、私自身も情熱をもって演じ切りたいと思います。
  • お知らせ

    緊急事態宣言の発出に伴う政府からの要請を受けまして、「モダンボーイズ」大阪公演を中止とさせていただきます。
    詳細はこちらをご確認くださいませ。
    https://stage.parco.jp/blog/detail/2577
     
    チケット払い戻しの詳細は、下記キョードー大阪ホームページをご確認くださいませ。
    https://kyodo-osaka.co.jp/search/detail/2639
     

舞台写真

もっと見る

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.