パルコ・プロデュース リボルバー~誰が【ゴッホ】を撃ち抜いたんだ?~

作品概要

  • 原田マハ
  • 演出

    行定勲
  • 出演

    安田章大 池内博之 大鶴佐助 / 北乃きい 細田善彦 金子岳憲 東野絢香 相島一之
  • スタッフ

    美術:堀尾幸男 音楽:斎藤ネコ 照明:佐藤啓 音響:井上正弘 衣裳:伊藤ハンス
    衣裳スーパーバイザー:阿部朱美 ヘアメイク:鎌田直樹 演出助手:長町多寿子 舞台監督:本田和男
  • 誰が【ゴッホ】を撃ち抜いたんだ?謎に満ちたゴッホとゴーギャンの関係とは...

     原作は、原田マハ著「リボルバー」(5月26日発売、幻冬舎刊)。フィンセント・ファン・ゴッホの死をめぐる謎に、現代のオークショニストが迫るアートミステリです。本作の舞台化に当たり、原田自らが初めて舞台戯曲の筆を執り、小説版とは異なる新たな物語として立ち上げます。舞台版は、ゴッホが実際に活躍した19世紀当時を物語の舞台とし、謎に満ちたゴッホとゴーギャンの愛憎入り混じる関係にフォーカスしていきます。

     演出を手掛けるのは、映画監督として数々の名作を生みだしてきた行定勲。舞台演出としても、15年に演出を手掛けた「タンゴ・冬の終わりに」で第18回千田是也賞を受賞するなど高い評価を受けており、同作から6年ぶりに本作にて舞台演出を手掛けます。
     
     そして、ポスト印象派の画家としてフランスで活動し、20世紀の美術に大きな影響をもたらしたフィンセント・ファン・ゴッホを演じるのは、関ジャニ∞としては、もちろんのこと、俳優としても活躍がめざましい安田章大
     
     今でこそオークションに登場すれば100億円を超える高値で取引され、誰もが知る有名な画家ゴッホ。しかし、生前はたった一枚しか絵が売れなかったともいわれています。では、誰が、何が【ゴッホ】=アートの<価値>を決めるのか?今回の舞台「リボルバー」では、かつて現実の世界で生きていた生身の人間・ゴッホを描くことで、価値のあるなしにかかわらず、画家が作品に込めた思いは普遍的なのだというテーマをあぶりだします。
     
     奇しくもゴッホの享年と同じく今年37歳となる安田が、孤高のアーティスト・ゴッホの謎に満ちた生涯を、等身大の人物としてどう演じるのか、ご期待ください。
     
     
    豪華共演者がいよいよ発表!
     
    ゴッホのライバルであり一時期は共に創作活動をしていたゴーギャンに池内博之、画商としてゴッホを献身的に支える弟のテオに大鶴佐助、ゴッホとゴーギャンの謎に迫るオークショニスト・冴に北乃きい、共に謎を解き明かす社長・ギローに相島一之、同僚・JPに細田善彦、医師・レイほかに金子岳憲、謎の少女クロエとゴーギャンの妻ヴァエホの二役に東野絢香と、若手からベテランまで実力派の俳優陣が顔を揃えました。
     
    画像
    【あらすじ】
    パリの小規模なオークション会社に勤めるオークショニスト・高遠冴はゴッホとゴーギャンについての論文を準備中だった。そんな彼女のもとに古びた拳銃が持ち込まれた。出品者はゴッホの自殺に使われたものだという。その真実を探るために冴は、ゴッホとゴーギャンの謎に満ちた関係の調査を始める。そして、誰も知らない歴史上の真実を掘り当てる。それは、ゴッホの死にゴーギャンが関わっているという驚くべきものだった…。
     
    ※本公演では喫煙シーンがございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。(電子タバコを使用する予定です。)
  • 【スタッフ・キャストプロフィール&コメント】

    【作】原田マハ(はらだ・まは) 1962年生まれ 東京都出身
    関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターとなる。2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、2006年作家デビュー。2012年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞。2017年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞を受賞。ほかの著作に『本日は、お日柄もよく』『キネマの神様』『たゆたえども沈まず』『常設展示室』『ロマンシエ』など、アートを題材にした小説等を多数発表。画家の足跡を辿った『ゴッホのあしあと』や、アートと美食に巡り会う旅を綴った『フーテンのマハ』など、新書やエッセイも執筆。
     
    ●コメント
    ゴッホは自殺したと言われているが真相は定かではない。本作は、ゴッホが自殺に使ったとされる拳銃がパリのオークションに登場した事実に取材し、ゴッホがいかにして【ゴッホ】になったかを読み解く物語である。ゴッホ役の安田章大さんはまっすぐアートに向き合う等身大の【ゴッホ】を演じて下さるだろう。演出の行定勲監督は芸術家たちの心情をあぶり出すに違いない。この舞台で、誰も見たことがない【ゴッホ】が誕生するはずだ。
     
     
    【演出】行定勲(ゆきさだ・いさお) 1968年生まれ 熊本県出身
    2000年に長編映画初監督作品「ひまわり」で第5回釜山国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞。01年には「GO」で第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ数々の賞を受賞し、演出力のある新鋭として一躍脚光を浴びた。04年に公開された「世界の中心で、愛をさけぶ」では興行収入85億円の大ヒットを記録し社会現象となった。以降、「北の零年」(05)、「クローズド・ノート」(07)、「パレード」(10)など、数々の話題作の演出を手掛ける。「リバーズ・エッジ」(18)では、第68回ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞を受賞した。また映画だけでなく、「タンゴ・冬の終わりに」(15)、「趣味の部屋」(13、15)、「ブエノスアイレス午前零時」(14)、などの舞台演出も手掛け、2016年には、毎日芸術賞演劇部門寄託賞の第18回千田是也賞を受賞した。今作で「タンゴ・冬の終わりに」以来6年ぶりに舞台演出を手掛ける。近年演出を手掛けた作品は、【舞台】「タンゴ・冬の終わりに」(15)、「趣味の部屋」(13、15)、「ブエノスアイレス午前零時」(14)【映画】「窮鼠はチーズの夢を見る」、「劇場」(20)、「リバース・エッジ」(18)、「ナラタージュ」「うつくしいひと サバ?」(17)、「ピンクとグレー」、「うつくしいひと」(16)など。
     
    ●コメント
    ゴッホとゴーギャンという誰もが知っているスターであるふたりの愛憎関係とゴッホの死への境地。卓越した視点で美術史に深く切り込んできた小説家の原田マハさんが革新的な解釈でふたりを照射する。安田章大さんは、どことなく風貌がゴッホに似ているじゃないか。彼がゴッホと同化する姿を想像するだけで楽しみです。私にとって6年ぶりの舞台演出になりますが、これまでにない時空を超えたスケールに緊張するとともに胸が高鳴っています。
     
     
    【主演】安田章大(やすだ・しょうた) 1984年9月11日生まれ 兵庫県出身
    04年に“関ジャニ∞”のメンバーとして「浪花いろは節」でCDデビュー以降、個性あふれる楽曲を次々と発表し、2021年2月には45枚目となるシングル「キミトミタセカイ」をリリースした。現在はバラエティー番組「関ジャム完全燃SHOW」(EX)、「関ジャニ∞クロニクルF」(CX)、「関ジャニ∞のジャニ勉」(KTV)、「ありえへん∞世界」(TX)にレギュラー出演中。また、俳優としても、映画、ドラマ、舞台とコメディからシリアスな作品まで数多く出演し、その演技力は高く評価されている。舞台は、19年10月の「忘れてもらえないの歌」以来、約1年半ぶりの主演となる。近年の主な出演作は、【舞台】「忘れてもらえないの歌」、音楽劇「マニアック」(19)、「俺節」(17)、「ジュリエット通り」(14)【映画】「スキャナー記憶のカケラをよむ男」(16)、「エイトレンジャー」シリーズ(12・14)【ドラマ】「フラジャイル」(16)、「なるようになるさ」シリーズ(13・14・TBS)、「夜行観覧車」(13・TBS)、など。
     
    ●コメント
    実在する人物を演じるのは初めてで、しかもゴッホというすごく著名な人。でも、現時点でこの世に生きている人は、誰も彼の実際の姿を知らないし、正解の人物像もない。本当の正解を知らないからこそ、人それぞれのゴッホ像があり、可能性が無限にあると感じています。なので、ご覧いただいた方皆さんに納得してもらえるように演じる自信がありますし、そういう覚悟を持ってステージに立ちます。
    PARCO劇場で上演された三谷幸喜さんの『12人の優しい日本人』が大好きで何度もDVDを見ていました。ついに、その場所に立てるなんて、不思議な感じです。関ジャニ∞のメンバーは、まだ誰も立っていない舞台なので、ほかのメンバーにもきちんと、バトンを繋げることができたらうれしいです。
    昨年はグループでの活動をメインに集中しようと自分の中で決めていたので、今作が1年半ぶりの舞台となります。ライブということをとても大切に感じている僕としては、この状況下で、ファンの方と直接会える環境を作れて幸せですし、観に来てくださる方々の心を動かす作品にしたいです。作品に触れることで、心の機微を感じることができ人生を動かすこともある、それがアートだと思っています。
    無名の画家だったゴッホは、死後その名を世界中に轟かせ、いまや作品は億を超える価値となっているので、この『リボルバー』の1公演も、お客様にとってそのくらいの価値と感じていただけるような舞台にしたいです。
     

舞台写真

もっと見る

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.