PARCO PRODUCE 朗読劇「天切り松 闇がたり ~闇の花道~」

作品概要

  • 原作

    浅田次郎 『天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道』(集英社文庫刊)
  • 脚本・構成

    青木江梨花
  • 演出

    長部聡介
  • 出演

    市川猿之助 市川中車 中村壱太郎 石橋正次
    石橋正高 下川真矢 穴井豪
    市川郁治郎 市川翔乃亮 市川喜介
  • 協力

    松竹株式会社
  • 公式サイト

  • 累計150万部突破の浅田次郎による大人気シリーズ「天切り松 闇がたり」を
    市川猿之助、市川中車、中村壱太郎、石橋正次による朗読劇で上演!

     「月刊小説」1990年の7月号誌上に誕生した浅田次郎原作の「天切り松 闇がたり」シリーズ。その後、浅田が『地下鉄に乗って』で第16回吉川英治文学新人賞を受賞した翌年の1996年に単行本で発刊、現在『第一巻 闇の花道』、『第二巻 残侠』、『第三巻 初湯千両』、『第四巻 昭和侠盗伝』、『第五巻 ライムライト』の5巻が刊行され、累計150万部を突破する大人気シリーズです。
     
     大正・昭和の帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家の活躍を描くこの物語。夜更けの留置所に現れた不思議な老人は、六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遥かな昔を語り始めます。
     今回はこのシリーズ幕開けの「第一巻 闇の花道」を、市川猿之助と猿之助率いる“愉快な仲間たち”のほか、ゲストに、今や引く手あまたの俳優としても活躍する歌舞伎俳優・市川中車、また女方のホープとして上方歌舞伎を中心に活躍し、テレビやラジオへの出演のほか、脚本や演出にも挑戦している中村壱太郎を迎えて上演いたします。今や失われつつある粋で小気味良い江戸ことばで、富裕層のお宝だけを狙い、貧しき人には救いの手を差し伸べる、義理と人情を重んじ、江戸の粋を体現したかのような「安吉一家」の胸のすく活躍を、六尺四方にしか声音が届かないという「闇がたり」によって現代に甦らせます。
     また、朗読劇の後には、市川猿之助、市川中車を中心に舞台上で愉快で楽しいアフタートークも開催いたします。
     
     

      
    【ものがたり】
     
     ある年の瀬の夜更け、しんしんと冷え込む留置場の雑居房にひとりの老人が現れた。下町の職人のような風体、昔かたぎの仁義を切って先客の留置人たちを面食らわせる。「お情けこうむりやす。十八号、村田松蔵と申しやす。ごらんの通り棺桶に片足つっこんだ老いぼれでござんすが、お見知りおき下さいまし」
     警察署長も看守も一目置くこの不思議な老人は、大正昭和の帝都東京にその名を鳴らした義賊、目細の安吉一家のひとり。二ツ名は「天切り松」。
     第一夜の皮切りは大正六年、真夏の東京は四谷界隈。かぞえで九歳の村田松蔵が父平蔵に連れられて、抜弁天に住む安吉の邸宅を訪ねる。豪壮な屋敷に顔を揃える安吉とその手下、寅弥、おこん、栄治、常次郎。松蔵はその場で安吉に引き取られ一家の部屋住みとなる。
     翌年、東京地検の辣腕検事おしろいこと白井検事が大親分、仕立屋銀次の放免にからんで、 銀次を慕う安吉には承服しがたい話を持ちかける。拒絶する安吉。しかし網走監獄を出て花も盛りの上野駅に降り立った銀次とそれを出迎えた安吉をある策略が待ち受けていた。 「それが俺らの稼業の、いやさ舞台の始まりだった。俺ァそのときはっきりと、大向こうから沸き上がる喝采を、この耳で聴いたんだ。」 (「闇の花道」から)
     
    ほか同刊に収録の第三夜「百万石の甍」、第四夜「白縫華魁」、第五夜「衣紋坂から」も上演いたします。
  • スタッフ プロフィール・コメント

    【演出】 長部聡介 / おさべ そうすけ

    株式会社フジテレビジョン ドラマプロデューサー・演出家
     
    <コメント>
    今から30年以上前の昭和の留置場から、さらに遡ること70年、大正の世を振り返る天下の大泥棒、天切り松こと村田松蔵の闇語り。義を貫いて、情に厚く、弱者に優しい、松蔵たち義賊の活躍を描いた浅田次郎さんの傑作、「闇の花道」を朗読劇として上演します。この傑作が、市川猿之助さんと、市川中車さんをはじめとするその仲間達の迫真の語りで劇場に立ち上がることに胸を躍らせています。今、世界を覆う重苦しい雲の上からひらりと舞い降りる天切りの松蔵とその仲間達。彼らの力強い言葉が人々の心に少しでも希望の火を灯せることを願ってやみません。
  • メインキャスト プロフィール・コメント

    市川猿之助 / いちかわ えんのすけ

    東京都出身。歌舞伎俳優。2012年に四代目市川猿之助を襲名。2014年には三代目猿之助(現・猿翁)が創始した「スーパー歌舞伎」を「スーパー歌舞伎Ⅱ」として継承し、『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』などの話題作を生み出している。立役から女方まで幅広く演じる一方で、自ら演出も手がける。また、映画『天地明察』『花戦さ』、TBS『半沢直樹』、NHK大河ドラマ『風林火山』、舞台『藪原検校』など映像作品や現代劇、バラエティー番組にも多数出演。2022年には大河ドラマ『鎌倉殿の13人』への出演が決定している。

    <コメント>
    今回、猿之助と愉快な仲間たちと題して、朗読劇を行う運びとなりました。
    残念ながら、コロナ禍が、もはや日常となっている今では、ただただ立ち止まるのではなく、様々な制約の中で、できる限りのことを模索し、やっていくしかありません。
    ということで、第一回の公演として、朗読劇を上演いたします。題材は、浅田次郎先生の大人気シリーズ「天切り松 闇がたり」です。あの独特な文章のリズム、描かれる時代の雰囲気は、〈闇がたり〉とあるように、まさに言葉で紡ぎ出す音の世界にぴったりな作品であると思います。
    中車さん、壱太郎さん、石橋正次さんをはじめ、素敵な仲間たちと送る、心温まる人情の物語。現実をしばし忘れ、せめて劇場にいるひと時、妖しくもまた、不思議な世界にお遊びいただければ、幸いでございます。
     
     

    市川中車 / いちかわ ちゅうしゃ

    歌舞伎俳優。46歳で歌舞伎界入りして以来、映像分野の仕事を続けながら歌舞伎に取り組み、役柄の幅を広げている。大きな話題を呼んだ2012年6・7月の新橋演舞場での襲名披露では『小栗栖の長兵衛』の長兵衛、『ヤマトタケル』の帝、『将軍江戸を去る』の山岡鉄太郎で演技派の本領を発揮し、父・市川猿翁と初共演を果たした2013年1月の大阪松竹座『楼門五三桐』の五右衛門では、様式性の高い舞台で堂々とした存在感を印象付けた。以後、『一本刀土俵入』の茂兵衛、『ぢいさんばあさん』の伊織など新歌舞伎の他に、『恋飛脚大和往来』の治右衛門、『夏祭浪花鑑』の義平次、『牡丹燈籠』の伴蔵、『芝浜革財布』の政五郎など、上方狂言や世話物にも挑み、成果を上げてきた。細やかな内面描写に長け、『瞼の母』の忠太郎には生き別れた母への複雑な思いがにじんだ。一つひとつの役に真摯に取り組んで歌舞伎俳優としての実績を重ねている。

    <コメント>
    私が朗読劇に挑戦させていただくのは、遥か30年ほど前の1990年代に挑んだ青井陽治さん訳・演出の『ラヴ・レターズ』、そして 2014年の歌舞伎座での『瞼の母』以来、3度目のことと記憶しています。
    思い起こせばこの2度はいずれも苦戦、確かな足跡を残せなかったという忸怩たる悔いがありました。
    しかし今回は、一門の頭領・市川猿之助さんを筆頭に、日頃馴染みの深い方々との共演での挑戦を果たすことが出来ます。
    しっかりと役を捉え、昨今の状況で劇場から足が遠のいた皆様にも、何かしらの痛烈な印象を植え付けられるようなひと時にしたいと思っております。
    ぜひ耳を傾けにお越しください!
     
     

    中村壱太郎 / なかむら かずたろう

    歌舞伎俳優。中村鴈治郎の長男で祖父は四世坂田藤十郎。母は吾妻徳穂。1995年1月大阪・中座〈五代目中村翫雀・三代目中村扇雀襲名披露興行〉『嫗山姥』の一子公時で初代中村壱太郎を名のり初舞台。2014年9月日本舞踊吾妻流の七代目家元を襲名し、吾妻徳陽を名のる。近年では『金閣寺』の雪姫、『吉田屋』の夕霧など大役を勤める。
    2020年7月新感覚の歌舞伎とアートのコラボからなる配信公演「ART歌舞伎」を上演。その後、海外での配信も行われ、2021年5月より映画館での公開もして注目を集めている。女方を中心に歌舞伎の舞台に精進しつつラジオやテレビなどにも活動の場を広げるほか、「春虹」の名で脚本執筆、演出にも挑戦している。


    <コメント>
    まさかの巡り合わせにビックリしております!
    学生時代に偶然手にした「天切り松 闇がたり」の一冊、そこから瞬く間にその世界観にのめりこんで当時発売されていた4巻までを一気に読み切った覚えのある作品にこうして関わることになるとは!
    ご縁に感謝し、まだ本棚に眠っているであろうその時の懐かしい文庫本を引っ張り出してきて、この朗読劇に臨みたいと思います。声でどれだけの情景をお客様にお伝えできるか、まさに安吉が留置所で囚人たちに語りかけていたように、劇場に大正ロマンの匂いをお届けする一役を担えたらと意気込んでおります。
    はてさて何のお役をさせていただけるのだろう!?楽しみでなりません。
     
     

    石橋正次 / いしばし しょうじ

    高校卒業後、新国劇入団。1970年に日活の映画「非行少年 若者の砦」で俳優としてデビュー。歌に「夜明けの停車場」オリコン三週連続一位・「鉄橋をわたると涙がはじまる」などのヒット曲を持っている。1972年の第23回紅白歌合戦に出場。学園ドラマ、刑事役、舞台俳優など多種多様の活躍を見せるバイプレーヤー。映画では名匠・中川信夫監督の「怪異談 生きてゐる小平次」や「あしたのジョー」、テレビドラマ「飛び出せ!青春」などが代表作。現在は舞台に主な活躍の場を移している。


    <コメント>
    登場人物が織りなす見事なまでに粋な男の心情美しく悲しい作品です。純な男の心意気が消えて行く現代に光あれ。きっと最年長の私、老骨ながら粋に演じてみたいです。猿之助さん、『スーパー歌舞伎Ⅱ 新版 オグリ』にて大変お世話になりました。又この度、愉快な仲間達に入れていただき有りがたき幸せ。

チラシ

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.