コラム「海王星」――寺山修司のミュージカル・プレイの原点「海王星」。 <br>(笹目浩之)

コラム「海王星」――寺山修司のミュージカル・プレイの原点「海王星」。
(笹目浩之)

2021年11月29日(月)

コラム「海王星」――寺山修司のミュージカル・プレイの原点「海王星」。
(笹目浩之)

画像 寺山修司は、18歳(1954)、早稲田大学在学中に、「短歌研究」新人賞特選を受賞。歌壇に鮮烈なデビューを果たすも、翌年、ネフローゼを発病、生死の境を彷徨った入院生活は4年にも及んだ。病室からも作品を発表し続け、21歳の時に第一作品集「われに五月を」を刊行。病室では、ロートレアモン、バタイユ、カフカ、鏡花、マルクスなど世界の文学作品やあらゆる文献を読み耽って、気になった言葉をノートに書き残していた。22歳(1958)の夏退院し、堰を切ったように多彩な創作活動がはじまる。ラジオドラマで民放祭・文芸部門大賞や世界的権威のイタリア賞グランプリなどを次々と受賞。1960年には、劇団四季に長編戯曲「血は立ったまま眠っている」や篠田正浩監督「乾いた湖」のシナリオを手がけ、短歌、俳句、詩エッセイ、評論に加え、ラジオドラマ、戯曲、シナリオ、テレビ台本などの執筆も多くなった。
 
 1963年に関東横浜労音から依頼された「海王星」には、双子と言うべき作品がある。それは1963年に上演された「青い種子は太陽のなかにある」である。近年では2015年に、蜷川幸雄演出で上演。もともと、「海王星」の作品のモチーフには「日招き伝説」と古典劇「ミトリダート」の2つが内包されていた。書き進めているうちに、「日招き伝説」を中心とした作品「青い種子は太陽のなかにある」と「ミトリダート」を下敷きにした「海王星」という二本の作品に分離し、当時の社会情勢や、製作主体が、労音と言う事もあり、恐らく反体制的な「青い種子は〜」が上演され、より文学的な「海王星」は上演機会を失ったまま、戯曲集に収まることになったのだと思う。
 今回、誕生してから58年経て初上演される「海王星」。当時の企画書によれば、寺山は「海王星」を「安っぽい船員ホテルと古い港を舞台にしてくりひろげられる悲劇」であり、古典劇「ミトリダート」の現代的解釈としており、それは今までの日本のミュージカルが「あかるくたのしく」というミュージカル・コメディ一辺倒だったのに対し、はっきりと「ミュージカル・プレイを目指したものです」と書いている。「ミトリダート」は、戦死したはずのミトリダード王が生還し、残された王妃(許婚)と腹違いの王子兄弟との三角関係に陥る悲劇的恋愛の話だが、「海王星」でも、船長の父親が難破し亡くなったという報が入り、やはり残された許嫁と息子と生還した父との恋愛悲劇が繰り広げられる。
 
 1965年には、ミュージカル「獅子」を執筆。この作品は、言葉を失う替わりに、唖の青年がトップボクサーの力を手に入れるという話で、ファウストを彷彿させる。さらに1966年には、NHKミュージカルドラマ「わが心のかもめ」(吉永小百合、加藤剛・主演)の脚本も担当するなど、この時期寺山は、「ミュージカルは、現在ある文学、演劇、音楽、舞踊、美術の総合的成果として、日本人のいまのエネルギーの結集した、ダイナミックな舞台芸術であるべきだ」と、その創作に強い関心を示していた。その後の、「演劇実験室◉天井棧敷」の作品は土俗的要素が色濃く、また実験的なものが多いが、寺山という詩人が紡ぐ台詞に、オリジナルの音楽や歌や踊りの要素を加えた作品群であり、全てミュージカル作品であるとも言える。
 寺山修司のミュージカル・プレイの原点ともいえる「海王星」。2000年の「寺山修司展」のカタログを手にしたことがきっかけで寺山に傾倒した、志磨遼平(ドレスコーズ)が手掛ける音楽にも期待が高まる。
 
 
笹目浩之 ウルトラポスターハリスター/プロデューサー
ポスターハリス・カンパニー代表、テラヤマ・ワールド代表、寺山修司記念館副館長、日本大学藝術学部・非常勤講師、書家、2013年、寺山修司没後30年記念PARCO劇場開場40周年記念「レミングー世界の涯まで連れてって」(作:寺山修司/演出:松本雄吉)、2017年、寺山修司記念館開館20周年記念「幻想市街劇[田園に死す]三沢篇」(作:寺山修司/演出:J・A・シーザー、他)の企画、プロデュース。編著に『ジャパン・アヴァンギャルドーアングラ演劇傑作ポスター100』(PARCO出版)。『ポスターを貼って生きてきた。就職もせず何も考えない作戦で人に馬鹿にされても平気で生きていく論』(PARCO出版)、『寺山修司とポスター貼りと。僕のありえない人生』(角川文庫)。
 

   

 
【公演情報】
PARCO PRODUCE 2021
音楽劇『海王星』
 
日程:2021年12月6日(月)~30日(木)
会場:PARCO劇場
 
作:寺山修司
演出:眞鍋卓嗣
音楽:志磨遼平(ドレスコーズ)
出演:
山田裕貴 松雪泰子 清水くるみ 伊原六花
佐藤誓 冨永竜 山岸門人 澤魁士 眼鏡太郎 野々山貴之
内田慈 坪井木の実 白木原しのぶ
小山雲母 片桐美穂 金井美樹 島ゆいか 吉井乃歌
大谷亮介 中尾ミエ ユースケ・サンタマリア

作品ページへ

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.