人間の業・背負うべき十字架に向き合わせる稀有な戯曲

人間の業・背負うべき十字架に向き合わせる稀有な戯曲

2022年9月29日(木)

人間の業・背負うべき十字架に向き合わせる稀有な戯曲

 戯曲の1ページ目からラストまで、文字通り一息で読み終えた。次に何が起こるか予測不能なモノローグ(独白)の連なりは、脳に直接語り掛けてくるような強烈さで読み手を(後の観客を)支配する魔力を持っている。
 
 登場人物は小児性愛者で連続殺人犯のラルフ、ラルフに娘ローナを殺されたナンシー、そしてラルフを研究対象とする精神科医アニータの3人。そこに、3人の語りで表される姿を持たぬ数人が加わり、膨大なモノローグの合間に組み合わせを変えたダイアローグ(対話)が織り込まれていく。
 
 10歳の少女ローナが行方不明になる。それから20年後のある日、児童連続殺人の犯人としてラルフが逮捕され、ローナも彼の犠牲者だったことが彼女の母ナンシーに知らされる。凶悪な犯罪を犯す人間の、脳内機関の欠損や変質について研究するアニータは、ラルフの担当医として彼の心と記憶の深層を解き明かしていくが……。
 
 登場人物たちはみな、大きな欠落を抱えている。成長過程で与えられるべき愛情を知らず、虐待を受けていたラルフ。愛する娘の失踪以降、家族の絆と心の平穏を奪われたナンシー。あり得ないはずの感情的な過ちを犯した矢先に、親友で共同研究者だった人を事故で亡くしたアニータ。劇中では奪われた者同士が出会い、互いを知っていくが、そのことが慰謝や再生にすぐには繋がらないのが『凍える』という作品の手ごわさであり、味わいどころと言えるだろう。
 
 この精妙な戯曲がどう立ち上げられているのか、9月半ばの某日、稽古の様子を見る機会を得た。
 
 照明の光量を落とした稽古場では、キャスト、スタッフの別なく全員が、声を抑え控えめに会話しているよう。演出の栗山民也が指定した場面をラルフ=坂本昌行、ナンシー=長野里美、アニータ=鈴木杏が演じ、区切りまで来るごとに一つのテーブルに集まって、演出家のオーダーや俳優の感じた疑問などについてディスカッションが行われる。
 
 人として許されざる行為に執着し罪悪感すら定かでない難役ラルフを、台詞一つ一つをを丁寧に咀嚼しながら掘り下げていく坂本。激しく揺れ動くナンシーの感情に、時に自らをぴたりと重ね、時には俯瞰の距離をもって体現していく長野。医師として冷静かつ客観的な視点で観察・思考しながらも、抑えきれず激情を迸らせるアニータを鮮烈に表現する鈴木。三俳優それぞれの取り組みに応答しつつ、作品全体の進むべき方向を端的な言葉で示す栗山は、気まぐれな潮流や数多の岩礁を抱く難所を進む船の船長のようだ。
 
「芝居がかった台詞術では、この戯曲に書かれた“人間の感情”は表せない。俳優が内心で行う演技のための準備を極力排し、役の感情そのままに舞台上で言葉(台詞)を吐かなければならない」とは栗山の言葉だが、喪失に深く傷つく登場人物たちを“つくりもの”にせぬための強い意志が窺われた。
 
 イギリスでの初演は1998年で今から20年以上前のことだが、家族同士での殺傷や子どもへの虐待など、常軌を逸した事件が頻発し日夜報道されている、今の日本にこそ今作は強く訴求するはず。虐待により多くを奪われ、脳にダメージを受けたラルフの「罪」をいかに問うべきなのか。少女たちの命を奪った「罪」を贖うため、ラルフが受けるべき裁きはどのようなものか。ナンシーの憎しみ、アニータの後悔は「罪」なのか……。
 
 『凍える』にはそんな、人間が人間であるために考え続けねばならない、“答えのない問い”が満ちている。問い続けるその先で直面する人間の深い業、誰もが生きていくうえで背負わされる十字架の存在が、舞台に大きく配された十字に重なり、観る者の心の楔(くさび)となる。観ることで自分の生きる姿勢を問い直す、稀有な作品になるに違いない。
 
 
文・尾上そら
フリーランスの編集者・ライター。新聞や雑誌、書籍、映画や演劇のパンフレットなどで企画・編集・取材・執筆を手掛ける。演劇、ダンス、古典・伝統芸能まで幅広く取材。国内各地の舞台芸術にかかわる様々な人と事象を取材・記録している。
 
写真:岡千里 9月中旬稽古場にて撮影

 

 
 
>東京公演チケットの購入はこちら
 

 
【公演情報】
パルコ・プロデュース2022
「凍える」
 
日程:2022年10月2日(日)~24日(月)
会場:PARCO劇場
 
作:ブライオニー・レイヴァリー
翻訳:平川大作
演出:栗山民也
出演:坂本昌行 長野里美 / 鈴木 杏

作品ページへ

Attention

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
Foreigners who are not residents may not have access to all services.
Please agree after confirming the following items.

In the following pages, sections without English translations are displayed in Japanese. In such cases, please use a web translation service. Please note that our company is not responsible for the translations and that the translated pages are provided to customers for reference. Descriptions of our content and services conform to the original Japanese text.

Call center services are only available in Japanese. Please note that inquiries in other languages cannot be accommodated.
Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.