こどもの一生

作品概要

  • 中島らも
  • 上演台本・演出

    G2
  • 出演

    八乙女光(Hey! Say! JUMP)
    今井朋彦 丸山智己 田畑智子 川島海荷 ROLLY
    田中朝子 仁田晶凱 山口将太朗 山根海音 吉﨑裕哉 朝夏まなと/升毅
  • スタッフ

    美術:乘峯雅寛 音楽:かみむら周平 照明:高見和義 音響:原田耕児 振付・ステージング:山田うん 映像:ムーチョ村松 衣裳:十川ヒロ子 ヘアメイク:河村陽子 演出助手:高野玲 舞台監督:弘中 勲/林 和宏
    宣伝美術:東學 宣伝写真:渞忠之 宣伝スタイリング:多田えつ子 宣伝ヘアメイク:二宮紀代子(八乙女光)/白石義人
    宣伝広報:ディップス・プラネット
    制作:徳永のぞみ・高村楓・坂本ほの香 ラインプロデューサー:冨士田卓
    プロデューサー:尾形真由美/髙橋典子 企画・製作:パルコ/キューブ
  • 演出・G2×八乙女光(Hey! Say! JUMP)のタッグ再び!
    10年振りに上演、中島らもの傑作戯曲「こどもの一生」全キャストが決定!!

    『薔薇と白鳥』以来となるG2×八乙女光で上演!
    2022年版として誕生する、新時代の舞台『こどもの一生』!
     
    1990年に「“今”を切り取った作品を」とG2が中島らもに依頼し、90年、92年、98年、2012年と上演され続けてきた本作。
    12年の『こどもの一生』PARCO劇場版は、98年PARCO劇場版から演出もグレードアップして評判となりました。それからさらに10年が経ち、今年2022年は中島らもの生誕70周年でもある年。今や生活に欠かすことのできないスマホやPCなどのITインフラ、SNSに代表されるネットメディアの存在。また精神医学の技術革新と、それにより浮き彫りになってきた現代人の心の闇など、その当時から大いに変化しています。G2自ら初演時には無かった様々な技術やアイテム、精神環境を取り込み、今回の2022年版にリライトして設定をアップデート。2022年の「今」を浮き彫りにする、新たな『こどもの一生』が4月に誕生いたします。
     
    G2の2022年版として誕生する、新時代の舞台『こどもの一生』!
     
    主演はG2演出で髙木雄也とダブル主演にて臨んだ舞台『薔薇と白鳥』以来4年ぶりの舞台出演となる八乙女光。共演には、数多くの舞台に出演するだけでなく、近年は演出も務める実力派ベテラン俳優の今井朋彦、モデルとして活躍するほか映画やドラマにも多く出演し、3年ぶりの舞台出演となる丸山智己、多くの話題作に出演し、その度に印象に残る演技で観客を魅了する田畑智子、ドラマや映画のみならず、舞台にバラエティと活躍の幅を広げている川島海荷、ロックミュージシャン、音楽プロデューサーとして活動する一方、タレント、俳優など幅広く活躍するROLLY、20年に第45回菊田一夫演劇賞を受賞し、現在上演中のミュージカル『マイ・フェア・レディ』ほか多くの舞台で活躍する元宝塚トップスターの朝夏まなと、集団「売名行為」を経て、G2と共に劇団「MOTHER」を結成、同劇団で主宰・座長を務め、本作にはこれが4度目の出演となるベテラン俳優の升毅が決定いたしました。
     
    G2×八乙女光のタッグでお届けする2022年版「こどもの一生」にご期待ください!
     
     
    【STORY】
    ——横暴な会社社長の三友と、その秘書の柿沼(八乙女光)、デジタル庁勤務のエリート藤堂、コールセンター勤務の淳子、現役地下アイドルの亜美。この5人の患者は治療のため「こども」に返り、共同生活を始める。
    「こども返り」してもなお、その横暴さが止まらぬ三友に閉口した他の3人は、「山田のおじさんごっこ」という遊びを考案した。
     
    三友が知らない“山田のおじさん”の話題で盛り上がってみせ、三友を仲間外れにする藤堂、淳子、亜美の3人。
    この作戦はまんまと成功し、社長は次第に孤立。秘書の柿沼も距離を置くようになる。
     
    しかしある日、三友はひょんなことから「山田のおじさん」が架空の人物であり、実際には存在しないことを知る。
    4人はクリニック内のSNSを使い、山田のおじさんの特徴データをシェアすることで口裏を合わせていたのだ。
     
    怒る三友が仕返しを仕掛けたが……。
  • 【スタッフ・キャスト プロフィール&コメント】

    上演台本・演出:G2

    舞台演出家・劇作家。集団「売名行為」、劇団「MOTHER」、演劇ユニット「G2プロデュース」を経て、現在はフリーで活動中。新作歌舞伎からブロードウェイ・ミュージカルまで幅広く、毎回、自由な発想でコンセプトの異なる作品創りで話題を提供し続けている。最近の主な作品に、ミュージカルでは『ゴヤ-GOYA-』(21年・作・脚本)、『マイ・フェア・レディ』(21年-22年・翻訳・訳詞・演出)、新作歌舞伎では『風の谷のナウシカ』(19年・演出)、『NARUTO-ナルト-』(19年・脚本・演出)、ストレートプレイでは『ハケンアニメ!』(19年・脚本・演出)、『薔薇と白鳥』(18年・作・演出)、『Water by the Spoonful』(18年・翻訳・演出)など。
     
    ≪コメント≫
    これほど人生の折々でメモリアルだった作品はありません。アルコール依存症で入院中の中島らも氏に直談判して台本を書いて頂き、初めて東京(シアター・トップス)に進出。PARCO劇場での改定版はプロ演出家としてのスタートを切った作品。今回、通算5度目の再演。主演にお迎えするのは「薔薇と白鳥」でご一緒の八乙女くん。とことん稽古に向き合ってくれる熱血漢でもあります。笑いと恐怖だけでなく人間の何か深いところをつく不思議な魅力の「こどもの一生」超最新バージョン・アップ版でお届けします。 
     
     

    主演:八乙女光

    2007年 Hey! Say! JUMPのメンバーとして「Ultra Music Power」でCDデビュー。音楽活動では作詞作曲を手掛ける一方、ドラマ・ラジオ・舞台・バラエティなどで精力的に活動。22年はHey! Say! JUMPデビュー15周年となる。
    俳優としてはテレビドラマ『3年B組金八先生~第7シーズン~』(TBS)に出演したほか、11年にはドラマ『美男ですね』(TBS)で主演の一人を務め、『孤食ロボット』(日本テレビ)でも有岡大貴、髙木雄也と共に主演を演じた。
    舞台作品としては、『薔薇と白鳥』(18)、『殺風景』(14)、『DREAM BOYS』(12)、『滝沢演舞城』(06・07)など。『薔薇と白鳥』以来本作は4年ぶりの舞台出演となる。

    ≪コメント≫
    この度、G2さんとの舞台が再び決まり、率直に「嬉しい」という気持ちになりました。今から3年前にG2さんが演出する『薔薇と白鳥』に出演させて頂き、その後何度もG2さんが演出される舞台を観劇させて頂きました。
    観劇後いつも僕が「とても面白い作品で嫉妬しました!」と伝えると、G2さんは「それは最高の褒め言葉。僕は常に面白い、良い作品を更新したいから。」とおっしゃられていました。今回もG2さんの心が動く作品のレベルの更新、そして僕自身もレベルを上げて、楽しく、そして新しい一面を見せたいと思っています。
    八乙女光という人間に磨きをかけます。
     
     

    出演:今井朋彦

    1987年に文学座研究所入所。92年に座員となり、多くの作品に出演し、2020年に退団。以降も舞台を中心に活躍。受賞歴も数多く、96年に『水面鏡』で第31回紀伊國屋演劇賞個人賞、01年に『こわれがめ』、『コペンハーゲン』、『職さがし』で第9回読売演劇大賞 優秀男優賞、11年に『破産した男』他の演技で第62回芸術選奨文部科学大臣新人賞、と実力派として名高い。近年の主な出演作品は、【ドラマ】『准教授・高槻彰良の推察』(東海テレビ+WOWOW)、『緊急取調室Season4』(EX)、『レッドアイズ 監視捜査班』(NTV)、【舞台】『アリージャンス~忠誠~』(21)、『真夏の夜の夢』(20)、『Le Père 父』(19)などがある。2月には舞台『アーモンド』の上演が控えている。

    ≪コメント≫
    今回のお話をいただく数日前、たまたま中島らもさんの動画を見ていました。らもさんが落語を披露していました。独特のテンポに、独特の世界観、見たことのないパフォーマンスでした。そして数日後「こどもの一生」に誘っていただきました。何という奇縁・・・。勝手に「らもさんに呼ばれた」と思いました。たぶん呼んでないと思います。それでもいいんです。あの「らもワールド」に挑む機会をいただいたんですから。
     
     

    出演:丸山智己

    モデルとしてデビューし、コム・サ・デ・モード・メンのショー、雑誌「an・an」や「POPEYE」で活躍。俳優としても活動し、2005年映画「NANA」のヤス役で注目を集める。以降、多くの映画やドラマで活躍し、舞台にもコンスタントに出演。本作は19年の舞台『唐版 風の又三郎』以来約3年ぶり舞台出演となる。近年の主な出演作に、【映画】『地獄の花園』(21)、『天外者』『銃 2020』『仮面病棟』(20)、【ドラマ】『部長と社畜の恋はもどかしい』(TX)、『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』(CX)、【舞台】『君が人生の時』(17)、『ジュリアス・シーザー』(14)などがある。1月28日から映画『前科者』、4月29日から『劇場版ラジエーションハウス』の公開が控えている。 

    ≪コメント≫
    PARCO×G2さんという僕の原点のような場所に16年ぶりに戻ってこられてとても嬉しいです。
    30年以上前に描かれているにもかかわらず、見えないものに恐怖する今に恐ろしいほどぴったりリンクしているこの名作を、G2さんの演出のもと素晴らしいキャストの皆さんとどのように立ち上げていけるのか今から非常に楽しみです。
     
     

    出演:田畑智子

    1993年、映画『お引越し』で主演デビュー。第67回キネマ旬報新人女優賞をはじめ多数の新人賞を受賞。2000年NHK連続テレビ小説『私の青空』のヒロイン役で幅広い世代から注目を集める。04年の『血と骨』で第28回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、『隠し剣鬼の爪』で第59回毎日映画コンクール女優助演賞、12年に主演映画『ふがいない僕は空を見た』では第67回毎日映画コンクール女優主演賞を受賞した。近年の主な出演作に、【映画】『空白』(21年)、『おらおらでひとりいぐも』(20年)、【ドラマ】『歩くひと』(NHK-BS)、『贋作男はつらいよ』(NHK-BS)、『透明なゆりかご』(NHK)、【舞台】『醉いどれ天使』(21年)、『FORTUNE』(20年)などがある。 

    ≪コメント≫
    この度、出演させていただく『こどもの一生』で初めて体感する事がたくさんあると思っています。笑っていたのにその先に恐怖が待っているなんて。今から稽古をするのが楽しみで仕方ありません。演出のG2さん、共演者の皆さま、恐がりな私ですがどうぞよろしくお願い致します。ゲラゲラ、ワクワク、ハラハラ、ドキドキ、そして最後は凍りつく、色々な感情を体感しに是非劇場にお越しください。
     
     

    出演:川島海荷

    2006年にTBS『誰よりもママを愛す』で子役としてデビュー。07年にはアイドルグループ「9nine」に加入し、CDデビューを果たす。以降、グループ活動と並行して映画やドラマなど精力的に活動し、16年にグループを脱退し、女優業に専念。映像作品への出演のほか、ラジオやバラエティなど活躍の幅を広げている。近年の主な出演作に、【映画】『ヤウンペを探せ』(20)、『映画 怪物くん』、【ドラマ】『ストレス・リレー』(NHK)、『IP〜サイバー捜査班』(EX)、『僕らは恋がヘタすぎる』(ABC)、【舞台】『ブライトン・ビーチ回顧録』(21)、『ぼくの名前はズッキーニ』(21)、『あたらしいエクスプロージョン』(17)などがある。 

    ≪コメント≫
    今回の企画を見させていただいた時、理解できるようなできないような、私の想像の中では収まりきらない内容だなと思いました。
    どのようにG2さんが演出されるのかとても楽しみです。以前上演されていた「こどもの一生」も素晴らしかったのですが、また新たな作品として、新鮮な気持ちで向き合っていこうと思っています。未知な世界に飛び込んで、この作品と共に私も成長したいです。
     
     

    出演:ROLLY

    1990年、ロックバンド「すかんち」のヴォーカル&ギターとしてデビュー。96年バンド解散後ソロ活動を開始。ロックミュージシャン、音楽プロデューサーとして活動する一方、タレント、俳優としても活躍し、バラエティ番組、CM、映画、舞台などに多数出演している。現在、NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』にレギュラー出演中。俳優としての近年の主な出演作は、【映画】『記憶にございません!』(19)、『モアナと伝説の海(声の出演)』(17)、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(16)、【舞台】『ビッグ・フィッシュ』(17)、『人間椅子/魔術師』『コインロッカー・ベイビーズ』(16)などがある。 

    ≪コメント≫
    初めまして皆様。
    私はROLLYと言う者です。この度G2さん演出の「こどもの一生」に参加させて頂く事となりました。私は過去、通行人の端役、変態の宇宙人、魔女、サーカスの団長、海賊、くちびる等を演じた事があります。この度本作の台本を読みました所、妙に胸の辺りがワニワニして来て、変な気分になりまして、、
    実は私、、現在別の舞台の準備中なのですが、本作台本に描かれた私の演じる予定の役柄の口癖を思わず口走ってしまいそうです。
    そんな私でよろしいのでしょうか。
    ROLLY
     
     

    出演:朝夏まなと

    2002年に宝塚歌劇団に入団し、その後宙組トップスターとして17年まで活躍。18年の『マイ・フェア・レディ』で退団後初の主演を果たし、その後もミュージカルを中心に多くの作品に出演している。20年には19年上演の『Little Women -若草物語-』ジョー役、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』デロリス役で第45回菊田一夫演劇賞 演劇賞を受賞した。近年の主な出演作に、【舞台】『マイ・フェア・レディ』(18・21-22)、『王家の紋章』『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『BARNUM』(21)、『ローマの休日』『モダン・ミリー』(20)、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』(19-20)、『Little Women -若草物語-』(20)などがある。 

    ≪コメント≫
    初めてのストレートプレイ、そして初めてのコメディホラー。
    今からドキドキしております。
    初めましてのキャストの皆様との共演もとても楽しみですし、ミュージカルでお世話になっているG2さんに、日本人を演じることに慣れてない私がどうなるのか!いろいろ引き出していただけることにワクワクしています!!ぜひお楽しみに。
     
     

    出演:升毅

    1975年にNHK大阪放送劇団に入団し、76年『ロンググッドバイ』で初舞台を踏む。その後、劇団五期会に所属。85年、演劇ユニット「売名行為」を結成。91年、演出家のG2らと共に劇団「MOTHER」を立ち上げ、座長を務める。以後、映画、ドラマ、舞台など幅広く活躍。15年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』ではヒロインの父親役を演じ話題をさらう。近年の主な出演作に、【映画】『八重子のハミング』(16)、『大綱引きの恋』(20)、『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト 3.11とともに~』(21)、【ドラマ】『おじさまと猫』(TX)、『イチケイのカラス』(CX)、『イタイケに恋して』(YTV) (21)、【舞台】『青空』『画狂人北斎 令和三年版』(21)などがある。「こどもの一生」には今回で4回目の出演となる。 

    ≪コメント≫
    32年前(35歳)
    柿沼かっちゃん
    我々、「集団・賣名行為」に中島らも氏が書き下ろして下さった「こどもの一生」。初演時の反響、手応え、恐ろしさに興奮した。
    30年前(37歳)柿沼かっちゃん
    我が「ギャグファンタジープラネット・MOTHER」にて再演。スタイリッシュさと恐怖が増して、更に恐ろしい作品に成長した。
    24年前(43歳)藤堂くん
    PARCOプロデュースにて3度目の上演。
    大人に成長した「こどもの一生」、コメディとホラーの質が格段にスケールアップした。
    12年前(55歳)観客席
    不思議な気持ちで観ていた…
    2022年(67歳)院長・木崎
    時代が加速的に変化を続けている2022年「こどもの一生」は、どのような変化を遂げるのか…どうぞその眼で、脳で、身体で体験して下さい。

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.