ラヴ・レターズ ~こけら落としスペシャル~

作品概要

  • A.R.ガーニー
  • 青井陽治
  • 演出

    藤田俊太郎
  • 出演

    2月12日(水) 19:00開演 松重豊 & 大竹しのぶ
    2月16日(日) 19:00開演 井上芳雄 & 坂本真綾
    2月21日(金) 19:00開演 市村正親 & 草笛光子
    2月23日(日・祝) 19:00開演 リリー・フランキー & 橋本愛
    2月25日(火) 19:00開演 加藤和樹 & 愛加あゆ
  • 新生・PARCO劇場で「ラヴ・レターズ~こけら落としスペシャル~」を上演!
     
    PARCO劇場のレパートリー作品として1990年以来、2019年までの29年間、495回の上演を重ねてきた、朗読劇の先駆けであり金字塔である「ラヴ・レターズ」。
    一組の男女の間で交わされる手紙を、二人で読むリーディング・ドラマが、29年間、様々な俳優、アーティスト、クリエイターによって演じられ、多くの人々の心を震わせてきました。
    2020年は初演から30年目そして公演回数が500回となります。この節目の年、節目の回の「ラヴ・レターズ」を、新生・PARCO劇場のこけら落とし公演として、賑々しく上演いたします。
     
     
    こけら落としスペシャルは、豪華な5組のキャストが競演!
     
    「こけら落とし」、「日本上演30周年」、「上演回数500回」と記念ずくめの今回の上演には、5組の華やかなキャストが顔を揃えました。
     
    まず初日2月12日は、映画、ドラマ、CFに他にはない存在感を放ち続ける松重 豊と、「ラヴ・レターズ」第1回、その後1周年記念、そして20周年公演と出演し、本公演の節目に欠かせない存在である、大女優 大竹しのぶが登場。

    16日は、ミュージカル界を代表するスター井上芳雄と、歌手・声優・俳優として絶大な人気を誇る坂本真綾、若々しさとノーブルさを兼ね備えた王者の風格溢れるカップルの誕生です。
     
    21日は、日本を代表する舞台俳優であり映像でも今や引っ張りだこの市村正親と、大女優として変わらぬ輝きをみせる草笛光子という日本演劇界の至宝ともいえるカップルが登場します。

    23日は、俳優としても数々の映画賞に輝くリリー・フランキーと、若手トップ女優として常に注目を集める橋本 愛というスリリングな大注目カップル。

    そして500回目となる25日は、数々の大型ミュージカルから近年ではストレートプレイでも主演として急成長を遂げる加藤和樹と元宝塚娘役トップスターの愛加あゆ、繊細さと大胆さを併せ持った大型カップルと言えるでしょう。

    記念公演にふさわしい豪華絢爛なキャストでお送りする「ラヴ・レターズ~こけら落としスペシャル」。
    新生パルコ劇場のお披露目と併せ、どうぞご期待ください!
     
     
    手紙で綴られる2時間のドラマがあなたを感動で包みます。
    舞台にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った男優と女優が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もない、このシンプルな舞台が、これほど見るものをとらえてはなさないと、誰が想像できたでしょうか。 
    俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わる舞台。世代、年代、個性に応じて全く新しい「ラヴ・レターズ」が誕生します。俳優が身体的演技を行なわないゆえに、一層その声と姿に彼等の演技を超えた真情がほとばしるのを目の当たりにし、観客は新鮮な感動を分かち合うのです。 
     
    演出は今最も注目を集める新鋭・藤田俊太郎
    2017年9月、26年間本作品の翻訳・演出家として469回の「ラヴ・レターズ」と共にあった青井陽治が、残念なことに天に旅立ちました。青井陽治の「ラヴ・レターズ」に対する強い思いをしっかり受け取り、演出家として後を継いだのは、藤田俊太郎です。
    今最も注目を集める演出家である藤田俊太郎は、青井の演出を大切にしながらも、「ラヴ・レターズ」の新たなページを紡いでいきます。
     
    <藤田俊太郎コメント>
    青井陽治さんが心待ちにした新生・PARCO劇場でのこけら落とし公演に
    素晴らしい5組のカップルが誕生します。
    松重豊さんと大竹しのぶさん。井上芳雄さんと坂本真綾さん。市村正親さんと草笛光子さん。
    リリー・フランキーさんと橋本愛さん。加藤和樹さんと愛加あゆさん。
    まっさらな劇場に、響き渡る一通一通のラヴレターを想像するだけで興奮した気持ちを押さえられません。
    皆さんと素敵な稽古をしたいと思います。
    演出を引き継いでから2年が経ち、2019年秋からは青井さんが生前最後に遺された
    新翻訳版で上演しています。新翻訳ではアンディとメリッサの最愛の人を想う愛情が更に溢れています。
    翻訳が進化したことであらたな一歩を進み始めた今、
    私もより深い愛を込めて、新しいLOVE LETTERSの1ページを演出していきます。
    たくさんのお客さまの御来場を心よりお待ちしております。
     
     
    画像画像画像画像画像

    【公式ページはこちら】
  • 2020年2月12日出演
    <松重豊コメント>
    かつて渋谷は僕にとって演劇の街でした、ジャンジャン、青山円形、スペースパート3、シードホール、そしてパルコ劇場。
    うーん、どこも思い出深い。そして、もはやどこも無い。中でもパルコは、開演前の赤い客席でストレッチをしていると、何故か心安らぐ不思議な空間で、実に相性のいい小屋でした。
    そのパルコが新しくなる。巨大化したらしいという一抹の不安を抱きつつ、当日は大竹さんの胸を借りるつもりで、何も考えずにスペイン坂を登ります。適度に暖まった大きな赤い客席に向かって。
     
    <大竹しのぶコメント>
    初演から30年が経ったなんて…本作のように、人生はあっという間に過ぎてゆくものなのでしょう。
    青井さん、役所さんとの一度だけのリハーサル、ドキドキしながら迎えた本番、つい昨日のことのように思い出します。3度目にご一緒した松尾さんとの公演も素敵な時間となりました。
    4度目の今回、台本を読み返して、その時わからなかった感情も、理解出来る様になった自分に気付きます。
    松重さんと、俊太郎さんと一緒に、また新たな1ページになればと思います。青井さんのためにも。
     
     
    2020年2月16日出演
    <井上芳雄コメント>
    10年ぶりにアンディとメリッサに再会できることになり、それだけで胸が熱くなっています。
    坂本真綾さんという素晴らしいパートナーの存在なしには、この再会はありませんでした。
    ありがとう、真綾さん。
    そして、ずっとこの作品を守ってこられた青井陽治さんへ心からの敬意と、藤田俊太郎さんとの新しい出会いに心からの感謝を。
     
    <坂本真綾コメント>
    初めて「ラヴ・レターズ」をパルコ劇場で観たのは、小学生の時。それから何度も何度も、いろいろな組み合わせのアンディとメリッサを観てきました。
    私にとって思い入れ深いこの作品の30周年の節目に、しかも新しくなったパルコ劇場のステージでメリッサ役を演じるご縁をいただき、本当に嬉しいです。一度きりの貴重な公演、同い年の井上芳雄さんとどんな二人の姿を描けるのか、とても楽しみにしています。
     
     
    2020年2月21日出演
    <市村正親コメント>
    「ラヴ・レターズ」は以前、思い出の劇場であるパルコ劇場で何度かやらせていただきました。
    そして今度、新しくなるパルコのこけら落としでやれることにとっても喜びを感じています。
    ましてや、今回は、女優さんとして本当に尊敬し、憧れていて、共演したこともある草笛さんと2人でやれることに感動を覚えています。
    パルコ劇場が西武劇場だった頃から知っている人間として、恥じないような「ラヴ・レターズ」をやれたらいいなと思っています。
     
    <草笛光子コメント>
    パルコ劇場は私にとって大切な場所。「ウィット」「ロスト・イン・ヨンカーズ」と、私の女優人生でいまだに心に残る作品を演じました。
    そのパルコ劇場のリニューアルこけら落とし公演に参加できることは大変うれしく思います。
    本作「ラヴ・レターズ」は、1991年に仲谷昇さんと演じました。今回は、市村正親さん。
    今の私たちだからこその世界を楽しんでいただけたらと思います。
     
     
    2020年2月23日出演
    <リリー・フランキーコメント>
    橋本愛さんとは映画で何度も共演させてもらいました。その度に彼女の表現の美しさと滑らかさに驚きます。
    今回は朗読というジャンル、この切ない人生の物語がどうなっていくのか、楽しみでなりません。 
     
    <橋本愛コメント>
    朗読というのは初めてで、今はただただ未知ですが、きっと作品の力に引っ張っていってもらえるだろうな、と思っています。
    30年と続くこの朗読劇には、いつの世も人の胸を打つ何かがあるはずだから。その何かに出会えることを楽しみにしています。
    新生PARCO劇場のこけら落とし公演というタイミングも、とても有り難く思います。記念すべき日に自分が舞台に立つことの特別を噛み締めながら、敬愛する俳優さん、リリーさんと一緒に、素敵な時間をお届けできたら。
     
     
    2020年2月25日出演
    <加藤和樹コメント>
    数年前に観劇をして以来、ずっとやりたいと思っていた作品。
    今回出演できることを本当に嬉しく思います。
    青井陽治さんには生前、本当にお世話になり、こうしてまた繋がれたこともお導きなのかな、と勝手に縁を感じています。
    そしていつかご一緒したいと願っていた藤田俊太郎さんの演出。
    新しいPARCO劇場で新たに生まれ変わる「ラヴ・レターズ」
    これはもう楽しみしかありません。
     
    <愛加あゆコメント>
    記念すべきPARCO劇場のこけら落とし公演で『ラヴ・レターズ』という沢山の方々から愛され続けてきた作品に参加させて頂ける事、とても光栄に思います!
    演出の藤田さんと相手役をさせて頂く加藤さんとは今回初めてご一緒させて頂くのですが、どんな作品になるのか、今から稽古、本番がとても楽しみです。
    1回きりの本番。心を込めてつとめます。新生・PARCO劇場でお待ちしております!
     
     

     
    <Story>
    幼馴染のアンディーとメリッサ。自由奔放で感覚人間のメリッサ。真面目でいつも何かを書いているアンディー。思春期を迎えて彼らは一番近い異性としてお互い十分相手を意識しはじめる。しかし、ついに決定的に結ばれるチャンスを迎えた夜、二人は友達以上にはなれない自分たちを発見する。大学を出た二人はそれぞれ結婚し、まったく別の道を歩き始める。海軍を経て法曹界に入り上院議員まで登りつめるアンディー。アートの道に進んだものの行き詰まって精神的破綻をきたすメリッサ。久しぶりに再会した二人は別々に過ごした日々を取り戻すかのようだった。しかし・・・。

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.