ラヴ・レターズ ~31st Season Anniversary Special~

作品概要

  • A.R.ガーニー
  • 青井陽治
  • 演出

    藤田俊太郎
  • 出演

    2月3日(木) 19:00開演 溝口琢矢 & 仙名彩世
    2月7日(月) 15:00開演 岡本健一 & 奈良岡朋子
  • 2022年、31年目を迎える「ラヴ・レターズ」はこの2組から!

    2020年2月、新生PARCO劇場のこけら落とし公演で500回目の上演を行い、8月には30周年を迎えた朗読劇「ラヴ・レターズ」。2021年も2月から3月にかけてオープニングシリーズとして「ラヴ・レターズ」を上演いたしました。
    2022年2月には、「ラヴ・レターズ」31周年記念として、上演いたします。

    2月3日(木)に、舞台のみならず、映画「大河への道」(22年5月公開予定)への出演ほか、活動の幅を広げる注目の若手俳優・溝口琢矢&2017年~2019年に宝塚歌劇団花組トップ娘役を務め、退団後もミュージカルを中心に活躍中の仙名彩世の出演が決定!フレッシュかつ繊細に愛の物語を紡ぎます。
    画像
     
    岡本健一&奈良岡朋子、2人が交わす最後の「ラヴ・レターズ」
    2月7日(月)に、岡本健一奈良岡朋子の出演が決定!
    2011 年に上演した組み合わせで、11 年越しの再演にして、このカップルでの上演は最後になります。奈良岡の演技に岡本が感銘を受け、劇団民藝で二人芝居を上演するなど、師弟関係ともいえるような強いきずなで結ばれた二人。92歳の奈良岡が、1994年に愛川欽也と初めて出演して以来出演を重ねた本作への出演は今回が最後と語っており、万感の想いを込めてお贈りします。
    画像
     
    【 「LOVE LETTERS」ホームページはこちら 】
  • 【スタッフ・キャストコメント】

    <演出:藤田俊太郎 コメント>
    これまでの上演の中で、402回目に登場したのが岡本健一さんと奈良岡朋子さんです。'同年代の2人が出演する’という慣習となっていた上演の在り方を塗り替え、レジェンドとなったお二人が再び「ラヴ・レターズ」に挑戦します。またフレッシュで気鋭の溝口琢矢さん、仙名彩世さんカップルと共に、31シーズン目の新たな1ページを演出していきたいと思います。観客の皆様にはいつの時代も変わらない手紙のやりとりの愛や慈しみを感じていただけたら幸いです。
     
     

    2022年2月3日出演

    <溝口琢矢 コメント>
    過去500組以上のカップルによって読み続けられてきた「ラヴ・レターズ」。この度お声をかけて頂けたことに感謝すると同時に、ご一緒させて頂く仙名彩世さんと共に、素敵なラヴ・レターズを紡ぎたいと思います。
     
    <仙名彩世 コメント>
    長く愛され続けるこの作品に携われること、ただただ嬉しく思います。「手紙」って、私にとって特別なもので...元気がほしい時に読み返すこともあるんですよね。大切に物語を紡いでいきたいです。一度だけの舞台、とても楽しみにしています。
     
     

    2022年2月7日出演

    <岡本健一 コメント>
    2011年の2月に念願が叶って初めての奈良岡さんと共演。一回しかない本読み稽古の時、私は舞台役者の神髄を知りました。目の前で体感しました。
    その声、それはそれは見事でした。
    冒頭から、当時80歳を過ぎた奈良岡さんが幼馴染みの無邪気な女の子にしか聞こえなかったのです。
    そこから物語が進み、時代が過ぎて行く全ての情景、不思議なことに成長していくメリッサの姿までが、頭の中、心に浮かび上がっていました。
    同時に自分の下手くそさと伝わらなさを感じました。奈良岡さんには「あなた何にも出来てないわよ」と言われ、私は「すみません。ちゃんとした舞台役者になりたいんです!今までもやってきて、それなりに評価もあったから自分勝手に自信を持っていて、今に至ると思っていたのですが、奈良岡さんと本読みをして、ハッキリと自分は基本が出来ていない、これは駄目だ、舞台役者でもなんでもないことに気付きました。舞台役者になるために必要な事を教えて下さい!お願いします!そして『ラヴ・レターズ』の本番では、ちゃんと存在します」なんて思いを伝えました。有り難いことに奈良岡さんは受け止めてくれて、短時間で基礎を叩き込まれ、自主稽古をして1週間後に本番に挑みました。
    40歳の歳の差カップルの私達の公演は、後になって伝説になっていることを演劇関係者に聞きました。
    自分でもそうだと思うというくらいに、アンディーとメリッサでした。
    今回、奈良岡さんの「10年を経た私達で、『ラヴ・レターズ』をやらない?やってみたいのよ!」という言葉を聞き、驚きと喜びが溢れ、是非ともお願いします!と今に至ります。心から感謝します。
    10年を経た私達はどんな二人になるのか、この哀しみに満ちた愛の物語は、何処へ行くのだろうかという未知の世界に、気持ちが上昇して行きます。
    みなさま、是非とも劇場で二人の肉声に耳を傾けて下さい。
     
    <奈良岡朋子 コメント>
    岡本さんと会うと芝居の話が尽きません。どうしても舞台から離れられない二人のようです。11年ぶりの「ラヴ・レターズ」でどんな世界が描けるのか、2月7日が今から楽しみです。
     
    topimg

    撮影:加藤幸広


    【2011年上演時 舞台写真】
  • 手紙で綴られる2時間のドラマがあなたを感動で包みます。

    舞台にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った男と女が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もない、このシンプルな舞台が、これほど見るものをとらえてはなさないと、誰が想像できたでしょうか。
    俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わる舞台。
    世代、年代、個性に応じて全く新しい「ラヴ・レターズ」が誕生します。
    俳優が身体的演技を行なわないゆえに、一層その声と姿に彼等の演技を超えた真情がほとばしるのを目の当たりにし、観客は新鮮な感動を分かち合うのです。
    「ラヴ・レターズ」は1989年ニューヨークで初演されるやいなや、全世界で上演され静かなブームを巻き起こしました。パルコ劇場でも1990年8月19日に幕を開けて以来30年間、この一つの台本を、年齢も個性も異なった様々な延べ503組のカップルが読み続けています。
    残念なことに2017年9月、26年間、本作品の翻訳・演出家として469回の「ラヴ・レターズ」と共にあった青井陽治が天に旅立ちました。青井陽治の「ラヴ・レターズ」に対する強い思いをしっかり受け取り、演出家として後を継いだのは、藤田俊太郎です。
    今最も注目を集める演出家である藤田俊太郎は、青井の演出を大切にしながらも、「ラヴ・レターズ」の新たなページを紡いでいます。
     
     

    <Story>

    アンドリュー・メイクピース・ラッド三世と、メリッサ・ガードナーは裕福な家庭に生まれ育った典型的WASP(ホワイト アングロ サクソン プロテスタント…アメリカのエリート人種)である。幼馴染みの二人は対照的な性格だ。自由奔放で、束縛を嫌う芸術家肌のメリッサ。穏やかで、内省的、口よりも文章で自分を表現するのが得意なアンディー。アンディーは自分の感じること、彼女についての自分の意見などを折にふれてメリッサに伝える。メリッサは手紙よりも電話の方が楽で好きだ。しかし、電話で思ったようにコミュニケーションできないアンディーの手紙にはつきあわざるを得ない。
     
    思春期を迎え、それぞれ別の寄宿学校に送られて過ごす二人。会えるのは休みで親元に戻った時だけである。伝統的な暖かい家庭に守られているアンディー。一方、メリッサはアンディーより裕福だが、離婚と結婚を繰り返す母親のもとで孤独な思いを噛み締めている。恋に目覚める季節、お互いを異性として充分意識する二人だが、どういう訳かぎごちなく気持ちは行き違い、しびれをきらしたメリッサは他の男の子とつきあってみたりする。そして、遂に決定的に結ばれるチャンスが巡ってきた夜、二人は友達以上にはなれない自分達を発見する。
    大学を出た二人はいよいよ全く別の道を歩き始める…。

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.