パルコ・プロデュース2022 桜文 さくらふみ

作品概要

  • 脚本

    秋之桜子
  • 演出

    寺十吾
  • 出演

    久保史緒里(乃木坂46) /ゆうたろう 
    /松本妃代 石田圭祐 阿知波悟美 加納幸和
    木村靖司 有川マコト 塾一久
    /石倉三郎 榎木孝明 他 
  • 企画制作:パルコ/二ベル  製作:株式会社パルコ
  • 秋之桜子あきのさくらこ×寺十吾じつなしさとる 実力派タッグ PARCO劇場 初登場!
    明治期の燦爛たる吉原を舞台に情感溢れる悲恋の物語

    本作『桜文』は、古き良き日本を舞台に、幽玄でエロティック、情感あふれる物語をユニークな感性で美しく描きだすことに定評のある秋之桜子による書下ろしです。秋之は、2010年には昭和の文士たちをモデルにした『猿』にて第16回劇作家協会新人戯曲賞優秀賞を受賞。12年に自身で立ち上げた演劇集団「西瓜糖」では大正~昭和という時代を背景に男と女の「生と性」、その先にある「欲求」を色濃く浮かび上がらせる作品を得意としており、外部公演にも多数脚本を提供、その艶やかな世界観で観る人を虜にしています。演出を手がけるのは、寺十吾。俳優の心の奥に眠っている感覚を炙り出し表現させ、作品世界を多様化させる演出術で、今や引く手あまたの寺十吾。秋之とは「西瓜糖」でタッグを組んでおり、その相性の良さは折り紙付き。明治期、吉原随一の花魁をめぐる耽美な悲恋の物語が、機微に触れた情感たっぷりの演出で描き出されます。
    画像
    久保史緒里(乃木坂46)が、花魁に初挑戦!
    ゆうたろう とのフレッシュな組合せ、
    榎木孝明、石倉三郎、松本妃代、阿知波悟美ら
    華と実力を兼ね備えた 多彩な豪華俳優陣で上演!!
     
    そしてこの耽美な世界を体現するのにぴったりな俳優陣が揃いました。吉原随一の花魁、桜雅役は乃木坂46のメンバーとして活躍しながら、女優として舞台やTVドラマにも精力的に出演し注目を集める久保史緒里。そして、桜雅が一人前の遊女になる前の少女時代、心から想い合っていた相手・仙太役と、仙太と他人の空似ながら瓜二つの容貌だったために、桜雅と深くかかわっていく作家志望の青年・霧野一郎の二役に、若手個性派俳優として、舞台・TVドラマ・映画とジャンルを問わず活躍し今後がますます期待されるゆうたろう、禿上がりの若い遊女である振袖新造の葵役に、女優、そしてアーティストとしてマルチに才能を発揮する松本妃代、桜雅の髪を結い続け、吉原随一の花魁となっても心許し信頼した髪結い・与平役は石倉三郎が務めます。さらに、当代きっての大店、紙問屋の旦那で、物語が大きく動くきっかけとなる桜雅の豪華絢爛な花魁道中を開く西条宋次郎役に、榎木孝明。知的で飄々とした佇まいから漂わせる包容力とその変幻自在さで、物語がふくよかに広がっていくことでしょう。そして、石田圭祐阿知波悟美加納幸和木村靖司有川マコト塾一久といった演技巧者が揃い、明治期の吉原を体現します。どうぞご期待ください。
     
     桜文ロゴ
     
    < あらすじ >
    時は明治中期、桜満開の吉原。当代随一と謳われる花魁、桜雅おうがは、その妖艶な佇まいとともに、決して笑顔を見せないことでも、その名を知られていた。何とか桜雅の笑顔を引き出そうと、当代きっての大店、紙問屋の旦那、西条宋次郎さいじょうそうじろうは、その財力で豪華絢爛、贅を極めた花魁道中を開くことに。
     
    一方、吉原のような世界とは全く縁のない堅物で生真面目な小説家志望の霧野一郎きりのいちろうに花魁道中の記事を書かせようと、新聞社が白羽の矢を立て、見物に参加させていた。全く笑わない桜雅を目の前に、霧野は、純真な心で思わず『笑ってください』と、叫んでしまう。途端に、『なぜ…』と発しながらゆっくりと倒れていく桜雅。混迷する花魁道中、騒然となる大勢の見物客。
     
    それは、決して思い出さないように心の奥深くに閉じ込めていた想いが、一瞬にして呼び覚まされてしまった瞬間だった。桜雅がかつて花魁の見習い、雅沙子として過ごしていた頃、心から想いを通わせ合っていた少年、仙太。二人の淡くはかない初恋の想い。しかし、その誠実さと繊細さゆえに、自ら命を絶ってしまった仙太に、霧野は瓜二つだったのだ。
     
    花魁道中で笑顔を引き出せそうもなかった西条は、桜雅が突然意識を失ったことで体面が保たれた、と霧野をかばい、匿う。果たして、抗えない宿命に、この奇妙な出会いはどんな運命を与えるのか?物語の歯車が動き出す……。
     
     
     
    < 配役 > 
    桜雅花魁/笹沖雅沙子ささおきまさこ 久保史緒里(乃木坂 46)
       
    霧野一郎きりのいちろう/仙太 ゆうたろう
       
    振袖新造 あおい 松本妃代
       
    楼主 石田圭祐
    お内儀 阿知波悟美
    芸妓・鶴松/遣り手 加納幸和
    東新聞・社主 森信久もりのぶひさ/初めての客  木村靖司
    編集者 片岡秀達かたおかひでたつ 有川マコト
    幇間/植吉親方 塾一久
       
    客引き寅蔵 他 中山朋文
    東新聞社社員岩崎 他 永澤洋
    花魁 鞠子 他 福永マリカ
    振袖新造 碧 他 こぴ
    禿 小鞠 他 白浜そら
       
    髪結い与平 石倉三郎
    紙問屋・四禄屋 西条宋次郎さいじょうそうじろう 榎木孝明
  • スタッフ コメント&プロフィール

    脚本:秋之桜子

    三年前、お声がけ頂き、気がふれるほど美しく儚い物語をPARCO劇場で描きたいと「桜文」が立ち上がりました。コロナ、戦争と世界は大きく揺らぎましたが、この物語を紡ぐことが出来、上演となったこと嬉しく思います。主役の花魁役には乃木坂46の久保史緒里さん。清楚な透明感とともに憂い帯びた目と儚さで、この舞台に様々な香りを放って頂けることでしょう。相手役の若き文士には優しい笑顔の中に男を感じさせるゆうたろうさん。そして人気実力とも充実の榎木孝明さん、石倉三郎さん。花組芝居の加納幸和さんはじめ骨太な舞台人の参加も決まり、演出は秋之と何度もタッグを組む寺十吾さんとなれば、そこにもう「桜文」の世界が匂い始め、この秋が待ち遠しくてなりません。
     
    <プロフィール>1963年大阪府出身。2005年に文学座の山像かおりと青二プロダクションの渡辺美佐により、 「羽衣1011」(はごろもいちまるいちいち)をたちあげ、山像が脚本を担当(このときペンネーム 秋之桜子と命名)。ドタバタした中にも哀愁のある女二人芝居は評判を得る。2010年に今までのコメディ路線とは違う、昭和の文士たちをモデルにした作品「猿」にて第16回劇作家協会新人戯曲賞優秀賞受賞。2012年には文学座の松本祐子・奥山美代子と演劇集団「西瓜糖」をたちあげ、 大正~昭和という時代を背景に男と女の「生と性」、その先にある「欲求」を色濃く描き出す物語を創作している。ほか、他劇団、プロデュース公演、WEBドラマ、映画などの脚本など、あらゆるジャンルに作品を提供。
     
     

    演出:寺十吾

    これ言っていいのかしら?実は作家の秋之桜子さんは元文学座の女優、山像かおりさんなんです。しかも秋之さんはある限定された時間内にのみ山像さんに降りてくるらしく、だから山像さん?に戯曲の質問をしてもまるでちんぷんかんぷん。これウソじゃ無いんです。今まで秋之さんと何度も仕事をしましたが本当なんです。現に秋之さんから夜中にメールが来ると山像さんのメールとはまるで質感が違って、しかも何かに取り憑かれたかの様な長文が多いんです。その秋之さんが今回描いた「桜文」は、文才に恵まれた花魁と美しい言葉や文章に恋焦がれた明治の若き文士との激しくも禍々しい恋の物語です。もちろん主人公の久保史緒里さんもゆうたろうくんも何かに取り憑かれないとこの作品に飲み込まれてしまいます。2人に一体何が憑依するのか?お楽しみに!
     
    <プロフィール>1964年京都府出身。92年、劇団「tsumazuki no ishi」を結成、主宰として作・演出・出演をこなす。演出家として俳優たちからの信頼が厚く、近年では小劇場から大劇場まで幅広く活躍中。主な演出舞台に前川知大作「関数ドミノ」(ワタナベエンターテインメント)、キム・ミンジョン作「渇愛」(名取事務所)、ハロルド・ピンター作「誰もいない国」(新国立劇場)、クレイグ・シルビー原作「ジャスパー・ジョーンズ」(名取事務所)、井上ひさし作「父と暮せば」、ピーター・シェーファー作「あなたの目」、北村想作「風博士」(シス・カンパニー)など。
  • キャスト コメント&プロフィール

    久保史緒里(くぼしおり)

    私が演じる桜雅は悲しい過去を抱えている、明治中期随一といわれていた花魁です。
    今回の台本を読ませていただき、この作品の世界観や桜雅の過去に触れて、パワーと衝撃のある作品だと思いました。
    花魁役を演じるのは初めてなのですが、目に見える部分は豪華で美しく綺麗でも、苦しい過去を抱えていたりと、その一人一人の背景を知れば知るほど深い世界だと思います。今回の役を演じる上で、当時の感じや所作はもちろん、いかに桜雅が過去に抱えている悲しさを表現できるか、というところもポイントになってくると思うので、頑張りたいです。
    今回の作品は私にとって挑戦となる舞台です。演出の寺十さんや大先輩の共演者の方々と一緒に演じていけたらと思います。作品の世界の絢爛さを舞台上からお届けいたしますので、ぜひ楽しみに劇場にお越しいただけたら嬉しいです。

    <プロフィール>宮城県出身。2016年、「乃木坂46」3期生として加入。選抜メンバーとして活動するほか、2017年から雑誌「Seventeen」に専属モデルとして登場、「東北楽天ゴールデンイーグルス」イーグルスガールイメージキャラクターを務めていたなど、グループ内外で活躍し注目を集めている。女優としての主な出演作は、【舞台】乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン 2019」主演(19/ウォーリー木下演出)、「夜は短し歩けよ乙女」W主演(21/上田誠演出)、【TVドラマ】「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」主演(KTV/BSフジ・21)、「サマータイムマシン・ハズ・ゴーン『乙女、凛と。』」主演(CX・21)など。22年2月より、「乃木坂46のオールナイトニッポン」のメインパーソナリティーとしてレギュラー出演中。
     
     

    ゆうたろう

    霧野一郎役のゆうたろうと申します。
    『桜文』は僕自身はじめてのテイストの作品、そして久しぶりの舞台出演という事で気合いと高揚感とともに不安とプレッシャーをすごく感じています。課題も沢山ありますが稽古を重ねていく上で少しずつ役と共に成長出来る様全力で挑みますので是非期待していてください。
    それでは劇場でお会いできることを楽しみにしています!

    <プロフィール>2016年、ショップ店員から“かわいすぎる美少年”として芸能界デビュー。17年から精力的に俳優活動を行う。18年「3D彼女リアルガール」で映画初出演。以降多数のドラマや映画で活躍する若手個性派俳優。近年の主な出演作に【舞台】「みみばしる」(19/松居大悟演出)、【映画】「かぐや様は告らせたい」(19)、「殺さない彼と死なない彼女」(19)、「チェリまほTHE MOVIE~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~」(21)、【ドラマ】「来世ではちゃんとします」(TX) 、「FOLLOWERS」(Netflix)、「明日、私は誰かのカノジョ」(MBS/TBS)など、22年6月にNHK夜ドラ「カナカナ」、8月に日本テレビZドラマ『ばかやろうのキス』の出演を控える。
     
     

    榎木孝明(えのきたかあき) 

    初めての台本をワクワクしながら一気に読みました。興奮を覚えつつ、同時にストーリーは私の中で映像化していました。初見でそれが出来るか出来ないかは、舞台が成功するか否かの大きな条件です。もちろん今回は大成功で大傑作となり、満足げなカーテンコールの自分まで見えました。
    男の色気に加えて醜い嫉妬心まで要求される作品です。何とやり甲斐のある役柄でしょう。寺十吾(じつなしさとる)さんは是非やらせてもらいたかった演出家です。出会いに感謝して精一杯努めたいと思います。

    <プロフィール>鹿児島県出身。武蔵野美術大学デザイン科に学んだのち、劇団四季入団。1981年『オンディーヌ』で初主演。83年に退団し、翌年のNHK連続テレビ小説『ロマンス』の主演でテレビデビュー。以後、映画『天と地と』テレビ『浅見光彦シリーズ』「NHK大河ドラマ」、舞台などで活躍。パルコ・プロデュース作品では『シャネル』(96/フィリップ・マッキンリー演出)、『LOVE LETTERS』(92-95,97,98/青井陽治演出)、『リチャード三世』(08-09/いのうえひでのり演出)等に出演。近年の主な出演作に【舞台】『リハーサルの後で/栗山民也演出』(19)、『サンソン-ルイ16世の首を刎ねた男-』(21/白井晃演出)、『アルトゥロ・ウイの興隆』(21/白井晃演出)、【映画】22年6月『峠最後のサムライ』(22)、11月に「シグナチャー」が公開予定。【ドラマ】『相棒20』(テレビ朝日)、『警視庁強行班係樋口顕シリーズ』(テレビ東京)。
     
     

    松本妃代(まつもときよ)

    兵庫県出身。2014年に『劇場版 零~ゼロ~』で映画デビュー、女優として活躍する傍ら、絵画アーティストとしても個展を開くなどマルチな才能を発揮。パルコ・プロデュース作品での出演に『奇子』(19/中屋敷法仁演出)、近年の主な出演作に【映画】『映像研には手を出すな!』(20)、【ドラマ】『ゴシップ』(フジテレビ)、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)、『やんごとなき一族』(フジテレビ)やWEBドラマ『ひとりごとエプロン』主演など。


    石田圭祐(いしだけいすけ)

    神奈川県出身。早稲田大学政経学部在学中の1976年に文学座附属演劇研究所入所。81年に座員となり多数の舞台に出演するほか、声優としても多くの映像作品に参加。パルコ・プロデュース作品での出演に『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』(04/山田和也演出)、『ルーマーズ』(12/高橋昌也演出)、近年の主な出演作に【舞台】『スリーウィンターズ』(19/松本祐子演出)、『カリギュラ』(19/栗山民也演出)、『Oslo(オスロ)』(21/上村聡史演出)、『雨』(21/栗山民也演出)、『黄昏』(22/鵜山仁演出)、【映画(声の出演)】『007』シリーズ、『アイリッシュマン』(19)などがある。


    阿知波悟美(あちわさとみ)

    北海道出身。日本工学院専門学校卒業後、劇団NLTに入団。幅広い役どころに持ち前の喜劇センスで多くの作品に出演。2010年、東宝ミュージカル『キャンディード』で第18回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。パルコ・プロデュース作品では『ウィズ〜オズの魔法使い〜』(15/宮本亜門演出)、『ライオンのあとで』(18/高橋昌也・前川錬一演出)等に出演。近年の主な出演作に【舞台】『ビリー・エリオット』(20/スティーヴン・ダルドリー演出)、『モーツァルト!』(21/小池修一郎演出)『グッドピープル』(21/鵜山仁演出)【映画】『探偵は BAR にいる』(11)【アニメ】『ロン 僕のポンコツ・ボット』(21)等。


    加納幸和(かのうゆきかず)

    兵庫県出身。日本大学藝術学部卒業。1987年『ザ・隅田川』にて、花組芝居を旗揚げ。今年創立35周年を迎えた劇団の座長として、脚本・演出を手掛け、自らも女形で出演。小劇場から大劇場まで、客演・演出・脚本も多数。ドラマや映画にも進出。また、オールメールの舞台での女形指導や、母校の日藝やカルチャースクールで講師を務めるなど多方面で活躍。【舞台】パルコ・プロデュース作品での出演に『二万七千光年の旅』(00/岡村俊一演出)、演出に『イルマ・ヴェップの謎』(94)など。最近の舞台『三億円事件』(19/和田憲明演出)、『YARNS』(20/鈴木勝秀演出)、『ドレッサー』(18、21/鵜山仁演出)、ミュージカル『刀剣乱舞』髭切膝丸双騎出陣(19、20/茅野イサム演出)、『十二夜』(22/横内正演出)など。


    木村靖司(きむらやすし)

    東京都出身。玉川大学在学中SCOTに参加後、1989年にラッパ屋入団。以降主演男優として出演。幅広いキャラクターで舞台・ドラマに活躍中。パルコ・プロデュース作品の出演に『腹黒弁天町』(22/松村武演出)など、近年の主な出演作に【舞台】『葵上』『弱法師』―「近代能楽集」より―(21/宮田慶子演出)、『雨』(21/栗山民也演出)【映画】『カイジ ファイナルゲーム』(20)、『女王陛下のお気に入り』(19/吹替) 【ドラマ】『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪』(テレビ朝日)、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)【アニメ】『スーパー・クルックス』(Netflix)など。


    有川マコト(ありかわまこと)

    東京都出身。1993年「劇団 絶対王様」の旗揚げ公演に参加、看板俳優として全ての公演に出演。2018年、演出家G2と役者9名による演劇ユニット「モジリ兄とヘミング」を旗揚げ。抜群に安定感のある芝居と、渋い声で観客を魅了する。パルコ・プロデュース作品での出演に『怪人と探偵』(19/白井晃演出)等。近年の主な出演作に【舞台】『スタンディングオベーション』(21/ウォーリー木下演出)、『アルトゥロ・ウイの興隆』(21/白井晃)、【映画】『映画 深夜食堂』(15)、【ドラマ】連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)など。


    塾一久(じゅくいっきゅう)

    石川県出身。日本大学芸術学部演劇学科在学中の1973年、文学座研究所に入所。78年に座員となる。数々の舞台に出演するほか、声優としても映画・ドラマ・アニメ等で活躍。近年の主な出演作に【舞台】『華岡青州の妻』(01)ほか文学座作品、『はなれ瞽女おりん』(04)ほか地人会作品、『NINAGAWA・マクベス』(15)ほか蜷川幸雄演出作品、声の出演に【映画】『ターミナル』(04)、『007/カジノロワイヤル』(06)、『カーズ2』(11)【ドラマ】『ザ・オーダー』(Netflix)、『フロンティア』(Netflix)、【アニメ】『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』、『攻殻機動隊ARISE』『クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』(22)など。


    石倉三郎(いしくらさぶろう)

    香川県出身。1967年、東映に入社し任侠映画等に出演。以降、俳優・コメディアンとして活躍。その後、数多くの商業演劇、映画やドラマにも出演。近年の主な出演作に【舞台】『ゴドーを待ちながら』(11/森新太郎演出)、『さくら橋』(13/齋藤雅文演出)、『笑う門には福来たる』(14/浅香哲哉演出)、『誰もいない国』(18/寺十吾演出)、【映画】『相棒劇場版Ⅱ』(10)、『あなたへ』(12)、『オケ老人!』(16)、『つむぐもの』(16)、【ドラマ】大河ドラマ『功名が辻』連続テレビ小説『純と愛』(NHK)、『下町ロケット』『夫のカノジョ』(TBS)、『医療捜査官財前一二三』(CX)など。


動画

  • 久保史緒里(乃木坂46) コメントmovie

もっと見る

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.