「ジュリアス・シーザー」観劇レポート到着!

「ジュリアス・シーザー」観劇レポート到着!

2021年10月18日(月)

「ジュリアス・シーザー」観劇レポート到着!

舞台「ジュリアス・シーザー」がPARCO劇場にて絶賛上演中です!
今回、スマホアプリ「パルステ!」のゴールド/シルバー会員の中から選ばれた観劇レポーターの皆様よりレポートを頂戴いたしましたので、ここにご紹介させていただきます。
 

 
 ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』は、蜷川幸雄演出の彩の国シェイクスピア・シリーズはじめ、これまで上演されてきた作品をいくつか観てきました。今回の舞台を拝見する前は、「女性キャストだけでの上演」を打ち出すことで目新しさを狙っているだけだろうと見くびり、それ以上の深淵な狙いがあるとはわかっていなかったのが正直なところです。 
 しかし、女性が演じることで、登場人物それぞれの表の顔に隠れた内面の葛藤が、こうも明確に炙り出されるのか……と、正直驚きました。これは、見慣れたあの『ジュリアス・シーザー』とは明らかに別物です。

 吉田羊さんは、自らの立場と職務に真摯に向き合い、敵味方や身分の隔てなく相手を慮るブルータスを丁寧に演じていて、この舞台の根底にあるテーマを体現しきっていると感じました。吉田さんは2019年の「恋のヴェネチア狂騒曲」では男装の麗人を演じていていましたが、その時も今回も、ワザとらしい男臭さを漂わせたり所作を使ったりすることは一切なく、でもある意味女性が理想とする男性像を造り出していました。男性よりも漢を表現できる稀有な女優さんです。
 一方、シーザーを演じるシルビア・グラブさんの存在感は圧倒的で、舞台のセンターに立つだけで歴戦の英雄のオーラを発していました。
 シーザー暗殺の後、民衆の前でブルータスとアントニーがそれぞれ演説するシーンでは、この作品の現代性を強く感じさせられました。全てに配慮し虚飾を廃して実直に語りかける言葉より、聴衆を扇動するという明確な目的をもって計算された言葉の方が、大衆の心を容易に動かす。まさに今のSNS社会そのもの。紀元前のローマを舞台にした昔話だと思ったら大間違い。現代社会の脆さと浅はかさを描いた社会ドラマなのです。

 終始やきもきしてしまうのは、ブルータスの脇の甘さでした。シーザーもろともアントニーも殺す案を「やりすぎ」と退け、そしてブルータス暗殺後にアントニーの演説を許す点。性善説を信じているところが、やっぱり辛酸を舐めたことのない世襲貴族だなと感じざるを得ません。そんなブルータスは、国と民衆を想う故に暗殺を決行したつもりだったのに、その民衆から国賊と罵られ、同志キャシアスの不正に怒りを爆発させたものの赦してしまう。育ちの良さゆえの弱さが哀しい――そんな思いを抱きながら劇場を後にしました。
 
あずき さん

 
2014年の蜷川演出を見ましたが、同じものとは思えませんでした。
訳者が違うという事もあると思いますが、オール・フィメールが大きかったのではと。前回気が付かなかったものが見えた気がしました。
言葉が難しく聞き取りにくい所があったのが残念でした。もっとも最近トシのせいか私自身が聞き取りにくくなっているのかもしれません。
衣装のデザイン、色、布地の分量など興味深かったです。
パンフレットに吉田羊さんが書かれていましたが是非「マクベス」を見てみたいと思います。
 
てるひめ さん

 
非常に見ごたえありました。
セットがありそうでない重厚感。
最初の弦楽の低音が響いて
「ここの舞台、こんないい音したかしら」と私の心はこの時点でわしづかみでした。
エンディングでもやはり弦楽の厚み堪能しました。

女性が演じている違和感は最初だけです。
誰々?と思ってスタートし
小山萌子さんの低音の声に昔みた舞台の記憶がよぎりました。
立ち姿も腕が長すぎてついつい目で追ってしまいました。

衣装も重厚感がありました。
単色系なのになんでですかね。
こちらの視力不足と予習が中途半端なままでしたの
カタカナの理解が毎回難しくて
だれがだれだかわからず。
聞き取れたつもりの
コーシャも復習してポーシャと判明。
こちらの聞き取り能力は
ご容赦いただくとしまして
だんだんと引き込まれました
吉田羊さん、松井玲奈さん、松本紀保さん、シルビア・グラブさん、、素敵でした。
正義と友情と愛国心と
今の時代にない感情を感じることができました。
亡霊の場面はもっと暗くてもよかったかもしれません。
最後、緑の衣装の方が敵か味方か分けて欲しかったです。

重厚なシルビアグラブさん
安定の松本さん
清廉潔白で男気のあるかっこよい吉田さん
怒りの感情が涌き出る場面ではこちらも高ぶり
拍手しそうになりました。
それと
復習して、え?あの松井さん?
と思いました。かなりのイメチェンですが
これからも舞台でのご活躍を期待します!

発売時期が緊急事態宣言ということもあり
空席があるのは残念でしたが
見逃さなくてよかったなと思う作品です。
やはり観劇は楽しいです。
緊急事態宣言の利子を返してもらうべく
チケット購入しまくりです。
今後ともよろしくお願いいたします。
レポーターに選んでいただきまして
ありがとうございます。
 
まめた さん

 
予想に反して男装ではないのに、そこにはシーザーやブルータスが居ました。シンプルでセンスの良い舞台と衣装も素敵でした。
自分の考えを確認し、次の行動を決めるため、思いを伝え、より良く自分を見せて出世していくために、人を操り自分の願望を達成するため、周りに自分の判断が正しいと認めさせるため、味方を増やすため、相手を非難あるいは挑発するために、相手を宥めて安心させるため、あらゆることを成し遂げるために、強く優しく激しく語り合うローマ時代の人々が居ました。今はネットでそれを行っている人が沢山いますが、ローマ人が読んだらあまり中身は変わらないと思うかもしれません。人権についての考え方には驚くかもしれませんが。
公正で誠実でありたかったブルータス、自分には邪心としか思えない野心や欲望は、殆どの人にとってはあるのが当然で味方にもあるし、民衆もそう。それが分からないから欺かれたり、一度は味方になったと信じた民衆に一転して背を向けられた。軽く見ていたアントニーの言葉が形勢逆転の始まりだったとは。あれよあれよと言う間に寝返る民衆の怖さ。ネットで突然もてはやされたり、炎上するのと似ているような。
時代が変わっても人の欲望、妬み、情愛にはさほど変化はなく、やることもあまり変わらないのを再認識しつつ、しかしブルータスの最期はいただけない。あんなことを強いるとは、それまでの善行も台無しに。切腹していた武士はやはり潔いと、こんな考えが最後に浮かぶとはまさかの展開。
 
shibaizuki さん

 
オールフィメルということを感じさせない力強さと格好良さに只々圧倒。「俺」という一人称に違和感がなく(オールフィメルなのに一人称を変えなかったのは何かこだわりがあるのかな?)、それでもなお、女性ならではの柔さや優しさもふんだんに感じる作品でした。
登場シーンの出立ちと赤い衣装、冷たい鉄板の壁にトリハダが一気に立ち、身体が震える感覚でした。
目玉シーンの一つである羊ブルータスと玲奈アントニーの演説シーンは見応え満点で、良い意味で松井玲奈さんの印象がガラリと変わりました。
どの役者さんも素晴らしかったですが、高丸えみりさんの、12歳と思えぬ立派な演技姿に、大きな拍手を送りたい!
終盤の方の照明がビカビカ点滅するシーンは目がしんどくて辛かったのでマイナスポイント。
 
ただの観劇オタク さん

 
演劇は舞台と客席が一体となった劇場での生がやっぱり最高ですね。
シェークスピアの膨大で比喩がいっぱいの台詞には圧倒される。
中でもアントニーの市民を扇動しブルータスを英雄から反逆者に一変させる演説は感動すら覚える。
 
舞台大好き さん

  
皆様、ご来場とレポートありがとうございました。またのご応募をスタッフ一同心よりお待ちしております!
舞台「ジュリアス・シーザー」は2021年10月31日(日)までPARCO劇場にて上演中です。
その後は、大阪、山形、福島、宮城、富山、愛知にて上演いたします。

詳細は下記作品ページより各公演ページをご覧くださいませ。
https://stage.parco.jp/program/julius
 
沢山のご来場お待ちしております!

作品ページへ

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.