PARCO PRODUCE 2023 マヌエラ I am a dancer. Love me ?

作品概要

  • 脚本

    鎌田敏夫
  • 演出

    千葉哲也
  • 音楽

    玉麻尚一
  • 振付

    本間憲一
  • 出演

    珠城りょう 渡辺大 パックン(パックンマックン) 宮崎秋人 宮川浩
    岡田亮輔 齋藤かなこ 他
  • 珠城りょう 宝塚歌劇団 退団後、初主演舞台決定!!
    第二次世界大戦直前の上海の薔薇と呼ばれた実在の日本人ダンサー、
    マヌエラの愛と激動の半生を、音楽×ダンス×芝居で描く!!

    1999年1月、天海祐希主演で上演し好評を博した本作を、24年ぶりに珠城りょう主演で上演。
    第二次世界大戦直前の上海を舞台に、実力と美貌とを武器に生き抜いたダンサー・マヌエラの力強い姿を鮮烈に描きます。
      
    脚本は、「金曜日の妻たちへ」「男女7人夏物語」「29歳のクリスマス」、大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」など、今でも残る数々の名作テレビドラマ、映画のシナリオを手掛けた鎌田敏夫
    今回は、俳優として存在感を放ちながら演出家としても数々の受賞歴をもつ千葉哲也(演出)、これまでに200作品を越えるオリジナル・ミュージカルの作曲を手掛けてきた玉麻尚一(音楽)、ミュージカル俳優でありながら演出・振付などでも引く手あまたの本間憲一(振付)が集結し、鎌田が23年前に手掛けた脚本を、DANCE ACTとして新たに甦らせます。
     

    宝塚歌劇団退団後、舞台初主演となる珠城りょうを迎え、
    豪華キャストと共にお届けする、音楽とダンスと芝居が融合するエンターテインメント!!

    画像
    主人公のマヌエラを演じるのは、宝塚歌劇団入団からわずか9年という早さでトップスター就任を果たし、2021年8月の退団まで月組を牽引してきた珠城りょう。退団後、初主演舞台となる本作で、激動の人生を生き抜いた実在のダンサーを演じます。
     
    そして、和田海軍中尉役には舞台初挑戦となった『魔界転生』でもその存在感を遺憾なく発揮した渡辺大、パスコラ役には本格的な舞台は初出演となるお笑いコンビ「パックンマックン」のパックン、チェン役には数々の舞台であらゆる役柄を演じ、若手実力派代表とも言われる宮崎秋人、村岡部長役にはミュージカル界をリードしてきた実力派 宮川浩といった豪華な顔ぶれが揃いました。

    24年の時を経て、新たに創造される名作の世界を、
    ぜひ劇場でご堪能ください!
     
    画像
     
    <ストーリー>
    永末妙子(珠城りょう)はSKDで将来を期待されながらも、上海に駆け落ちし、生きていくためにダンスホールの踊り子となった。そこで、かつてムーラン・ルージュのスターであったパスコラ(パックン)に見いだされ、国籍不明で美貌の一流スターダンサー”マヌエラ”が誕生する。時は第二次世界大戦前夜。日本海軍士官として上海に滞在する和田(渡辺 大)と惹かれ合いつつ、反発するふたり。妙子が街中で出会った、追われる青年チェン(宮崎秋人)やクラブに出入りする怪しい貿易商の村岡(宮川 浩)など、マヌエラを取り巻く人々も時代の波の中でうごめきながらそれぞれが確かに上海に 生きていた・・・。
  • 【スタッフ プロフィール&コメント】

    [脚本] 鎌田敏夫 Kamata Toshio

    ダンス・ダンス・ダンス
    これは、踊ることで多くの人を魅了した、実在の日本人女性の物語です。彼女の生きた上海は、ニュ-ヨ-クの摩天楼にも匹敵する大都会でした。富と貧困、売春、殺人、麻薬、上海にはないものはない、そう言われていた時代でした。その上海で、マヌエラは.踊ることで人々を魅了したのです。踊りは、心にあるものを肉体の動きで相手にぶっつけていく。ダンスを通して自由を求めた。それが、ミス・マヌエラの物語です。
     
    【プロフィール】脚本家・作家。1972年「飛び出せ!青春」の脚本でデビュー。「俺たちの旅」シリーズ、「金曜日の妻たちへ」「男女7人夏物語」、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」などテレビドラマの他に、「戦国自衛隊」「里見八犬伝」などの映画脚本も手がける。1994年ドラマ「29歳のクリスマス」の脚本で、芸術選奨文部大臣賞、向田邦子賞を受賞した。著書に『殺人者K』『柔らかい心』『四人家族』『世界の果てまで』『ジュテーム からだ・肉体・からだ』などがある
     
     

    [演出] 千葉哲也  Chiba Tetsuya

    「マヌエラ」は1999年にストレートプレイとして上演されました。
    そして今回は、音楽?ダンス?劇として蘇ります。初めましてのキャスト&スタッフ。何よりストレートプレイ以外で初めての演出。初めてばかりで緊張感漲ると言いたい所ですが、何と言っても、素晴らしいキャスト&スタッフ!初めてづくしが逆に心地よささえ感じております。いつだって物作りは初めてづくし…。気取らず、飾らず、いつも通りの稽古場の雰囲気で「マヌエラ」が素敵に立ち上がる事を信じております。
     
    【プロフィール】俳優・演出家。1987年、演劇企画集団「THE・ガジラ」に旗揚げから参加。俳優のみならず演出家としての活躍もめざましく、2006年『スラブ・ボーイズ』で初演出。演出では、『スラブ・ボーイズ』(06)、『広い世界のほとりに』(08)、『いま、ここにある武器』『青』(16)で読売演劇大賞優秀演出家賞受賞、俳優としては、『TOPDOG/UNDERDOG』(11)で読売演劇大賞優秀男優賞受賞、『THE OTHER SIDE/線のむこう側』『胎内』(04)で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。演出作品に、『ライフ・イン・ザ・シアター』(22)、『反応工程』(21)、『フリー・コミティッド』(20・18)、『BLUE/ORANGE』(19・10)、『サメと泳ぐ』(18)、『怒りをこめてふり返れ』(17)、『青春の門~放浪篇~』(16)、『寿歌』(12)、『袴垂れはどこだ』『NOISES OFF』(11)、『K2』『桜の園』『アット・ホーム・アット・ザ・ズー』(10)、『キレイじゃなきゃいけないワケ』(09)、『ここからの距離』(07)などがある。
     
     

    [音楽] 玉麻尚一  Tama Shoichi

    【プロフィール】作曲家。音楽監督。これまでに200作品を越えるオリジナル・ミュージカルの作曲を手掛けている。主な作品に、『ドッグファイト』(山田和也演出・屋良朝幸、昆夏美)、『ミュージカル忍たま乱太郎』(NHKエンタープライズ)、『LUXE』(高橋大輔・荒川静香)、『日蓮』(市川猿之助・歌舞伎座)、『プロミセス・プロミセス』(宝塚歌劇団)、『ヘッズアップ』(ラサール石井演出・哀川翔)、『植樹祭びわ湖大会』(滋賀県)、『For The People~リンカーン 自由を求めた男』(宝塚歌劇団花組)で読売新聞大賞・スタッフ賞を受賞。
     
     

    [振付] 本間憲一  Honma Kenichi

    【プロフィール】ミュージカルなど数々の作品に出演。出演のみならず、演出・振付も精力的に手掛けている。主な出演作品に、『アステア・バイ・マイセルフ』(90)、『42nd STREET』(97)、『Shoes On!』(98~17)、『アニー』(04~07)、『ミー&マイガール』(09)、『ショウ・ボート』(15)など。近年、演出・振付・ステージングで参加している作品に『カーテンコールをもう一度』(17・18)、『ザ・デイサービス・ショー』(15~19)、『Forever Plad』(16・22)、『Murder for Two』(16・22)、『ダブルトラブル』(21・22)、『エニシング・ゴーズ』(21)、宝塚歌劇団『TOP HAT』(15・22)、『三重とこわか国体』(21)、『いちご一会とちぎ国体』(22)など。三谷幸喜作品も多く手掛け、『ショーガール』(18・20)、『虹のかけら〜もう1人のジュディ』(19)、『日本の歴史』(18・21)、映画『記憶にございません』(19)の振付や出演もしている。
  • 【キャスト プロフィール&コメント】

    珠城りょう  Tamaki Ryo

    この度、『マヌエラ』で主演を務めさせて頂くことになりました。
    この1999年初演の作品をどの様に現代に落とし込んでいくのか、そして第二次世界大戦直前のしかも上海という特殊な場所で一人生き抜いた、「マヌエラ」と呼ばれる強くて美しい女性の生き様をどう描くか、演出の千葉哲也さんや共演者の皆様と一緒に私も楽しみながら作っていきたいです。最高の作品を皆様にお届け出来ます様、心を込めて努めて参りたいと思っております。

    【プロフィール】10月4日生まれ 愛知県出身
    2008年、宝塚歌劇団に94期生として入団。月組公演『ME AND MY GIRL』で初舞台。その後、月組に配属。10年、『THE SCARLET PIMPERNEL』で新人公演初主演。入団3年目での抜擢となった。その後も5度に渡って新人公演主演を務める。13年、初主演を務めた『月雲の皇子』バウホール公演は好評を博し、同年12月にも再演される。16年、入団9年目で月組トップスターに就任。近年では極めて異例のスピード出世となった。2021年8月、『桜嵐記/Dream Chaser』東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。
    退団後の活動は、21年「明日海りお 1st Concert-ASUMIC LAB-」ゲスト出演、22年4-5月「珠城りょう 1st concert『CUORE』」、22年5-6月TBS日曜劇場「マイファミリー」など。現在、『8人の女たち』(22年8月27日~9月4日 サンシャイン劇場、9月9日~9月12日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)への出演を控えている。また、22年10月19日にオリジナルアルバム「Freely」、カバーアルバム「Shine」で、アルバムデビューを果たし、コンサートツアー「RYO TAMAKI LIVE TOUR 2022~Freely~」を開催する。

     
     

    渡辺 大 Watanabe Dai

    約20年前の大作に参加させていただくことになり、ドキドキしながらもワクワクしております。
    去年初めて舞台に立たせていただき、またこのような機会を頂けたことに感謝です。
    当時の上海は激動の時代で、昔、舞台で「上海バンスキング」を見たのがとても印象に残っています。
    混沌とした世の中で生きる、むきだしの人間味がこの時代、この作品の魅力だと思います。
    珠城りょうさんとは初共演で、これから稽古を積んで一緒に素敵な作品に仕上げていきたいと思います。
    沢山の人に見て頂けるように頑張ります。

    【プロフィール】1984年8月1日生まれ 東京都出身
    2002年に「新春ワイド時代劇壬生義士伝」で俳優としてデビュー後、テレビドラマ・映画と活躍。現代劇から時代劇まで幅広く演じることから高評価を得ている。18年には映画『ウスケボーイズ』で最優秀主演男優賞を2つの映画祭で受賞。近年の主な出演作品に、【映画】『峠 最後のサムライ』『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』(22)、『るろうに剣心 最終章 The Final』(21)、『日本独立』『時の行路』(20)、『ある町の高い煙突』(19)、『散り椿』『空飛ぶタイヤ』(18)、【ドラマ】『シネコンへ行こう!』(22・BS松竹東急)、『金田一少年の事件簿』(22・NTV)、『幕末相棒伝』(22・NHK)、『ライジング若冲 天才 かく覚醒せり』(21・NHK)、『コールドケース3 〜真実の扉〜』(20・WOWOW)、『十三人の刺客』(20・NHK BS)、【舞台】『魔界転生』(21)などがある。

     
     

    パックン(パックンマックン)  Patrick Harlan

    父がアマチュア劇団の演出家だった僕は、物心がついた時から演劇に浸っていました。6歳の初舞台から20年後に、プロ俳優になる夢を胸に日本の芸能界に挑戦した。それから25年間はほぼ演劇無し。お笑い芸人やコメンテーターなどの長い「寄り道」を歩んできましたが今回、本拠地に戻るチャンスに恵まれ、心から感謝しています。役は非常に難しいが、マヌエラの美しいストーリーと深いメッセージをみんなに届けることができたら幸いです。

    【プロフィール】1970年11月14日生まれ 米・コロラド州出身
    1993年、ハーバード大学比較宗教学部卒業、同年来日。1990年代、福井県在住時に英会話講師の仕事と並行してアマチュア劇団「劇団シベリア寒気団」(現・百年イラチカ)で演劇活動。上京後の97年、吉田眞と「パックンマックン」を結成。『英語でしゃべらナイト』『爆笑オンエアバトル』などのテレビ番組で注目を集め、以来、芸人の枠を超え、司会やコメンテーターとしても多くのメディアで活躍している。2012年、池上彰氏の推薦で東京工業大学非常勤講師に就任、コミュニケーションや国際関係に関する講義を行っている。 近年の俳優活動としては、『日本沈没ー希望のひとー』(TBS・21)、『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日・19)など。本作で本格的な舞台初出演となる。

     
     

    宮崎秋人 Miyazaki Shuto

    どこの国の人間か。そう問いかけられたら自分は「日本人です。」と何も考えずに答えるでしょう。でも、ちゃんとした理由もなく「ただそうだからそう。だって国籍が。」というだけ。
    上海のフランス租界が舞台となるこの作品では、自分が何者であるかということを考えさせられる作品でした。
    戦争というと戦地のことや、政治のことにフォーカスして考えてしまいますが
    この作品はそんな時代に生きる人々の夢、恋、矜持が軸に描かれていると思います。
    未体験の挑戦も待っているこの作品に全力を尽くします。

    【プロフィール】1990年9月3日生まれ 東京都出身
    2011年より、芸能活動をスタート。その後、舞台を中心に活躍。また近年は、映像作品への出演も増えている。主な出演作に、【映画】『新宿パンチ』『ちょっとまて野球部!』(18)、【ドラマ】『初恋の悪魔』(22・NTV)、『最愛』(21・TBS)、『漂着者』(21・EX)、『彼女はキレイだった』(21・KTV)、『未満警察 ミッドナイトランナー』(20・NTV)、【舞台】『Secret War-ひみつせん-』『マーキュリー・ファー』(22)、『ザ・ドクター』『ロミオとジュリエット』『タイトル、拒絶』(21)、『その男、ピッグテイル』『銀河鉄道の夜』『冬の時代』『阿呆浪士』(20)、『HAMLET-ハムレット-』『COCOON』『マニアック』(19)などがある。現在、舞台『アルキメデスの大戦』(10月1日~11月3日まで全国6都市で公演)の出演を控えている。

     
     

    宮川 浩  Miyakawa Hiroshi

    村岡部長という役どころ、久しぶりの和もの、和名で、本当ならドキドキワクワクなのですが、背景には戦争、阿片等々、、、。この「マヌエラ」の台本を読んでまず感じたことは、頭で理解するものではないなと。実際に動き演じながら妙子(マヌエラ)の思いや強さ、自分を含め登場人物の居方、人物像、世界観がわかっていくのだろうなと。そういう意味で、稽古、本番が楽しみでなりません。戦時下の上海という町の陰と陽、光と影の中で、妙子(マヌエラ)の信念と生きる力と愛を感じ取ってもらえたらと思います。

    【プロフィール】1964年1月28日生まれ 長崎県出身
    大学在学中に『レ・ミゼラブル』のオーディションに合格、日本初演より参加。その後『ミス・サイゴン』『回転木馬』『ラマンチャの男』など数々のミュージカルに出演、舞台を中心に精力的に活動している。近年の主な出演作に、【舞台】『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』『THE BOY FROM OZ』『カーテンズ』『ヴェラキッカ』(22)、『えんとつ町のプペル』『ロミオ&ジュリエット』(21)、『パレード』(21・17)、『黑世界~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~』(20)、『ラ・マンチャの男』(19・15)、『マリーゴールド』『るろうに剣心』(18)、『ジキル&ハイド』(18・16)、『ヤングフランケンシュタイン』(17)などがある。

     
     

    岡田亮輔  Okada Ryosuke

    【プロフィール】1983年2月16日生まれ 東京都出身
    2001年、芸能活動をスタート。舞台を中心に意欲的に活動している。主な出演作に、【映画】『いぬばか』『さまよう刃』『ブレーキ』(09)、【ドラマ】『犯罪科学分析室 電子の標的2』(16・TX)、『監察官 羽生宗一4』(16・EX)、『医龍』(10・CX)、『貧乏男子(ボンビーメン)』(08・NTV)、【舞台】『雲母紙鳶』(22)、『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト- ~暁の調べ~』『花・虜美人』(17)、『bare-ベアー-』『1789 バスティーユの恋人たち』(16)などがある。現在、ブロードウェイミュージカル『ピピン』(22年8月30日~9月27日 東京・大阪)、『落ち葉くらべ』(22年10月14日~16日 吉祥寺 ROCK JOINT GB)への出演を控えている。


    齋藤かなこ  Saito Kanako

    【プロフィール】1997年9月11日生まれ 兵庫県出身
    大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース卒業。舞台・映画・CM・MVなどで活躍中。主演映画『火ノ兎』は、2018年アジア国際青少年映画祭(韓国ソウル)で銀賞受賞。これまでの舞台出演作に、『美少年探偵団』(22)、『読み芝居~赤江瀑の世界~「阿修羅花伝」』『世界が私を嫌っても』『サナギ』(21)、『転校生』(19)がある。現在、ミュージカル『ファンタスティックス』-ボーイ・ミーツ・ボーイ版-(22年9月14日~19日 ウッディシアター中目黒)への出演を控えている。


チラシ

Attention

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer.
Please agree after confirming the following items.

  • The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct.
  • In addition, our company holds no responsibility for translations.
  • The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services.
  • Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made.
  • Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan.

注意和確認

下一頁是外國人的服務。
對於外國非居民,我們將無法提供所有服務。
請確認並同意以下內容。

  • 後續翻譯頁面使用機器翻譯。 因此,翻譯頁面並不總是正確的。
  • 此外,我們對翻譯不承擔任何責任。
  • 翻譯頁面僅供參考,因此日語頁面的內容優先。
  • 呼叫中心僅提供日語服務。 請注意,我們無法回答日語以外的問題。
  • 我們提供的某些服務不適用於非居民。

注意和确认

此后的页面是为外国居民提供的服务。
对于外国非居民,我们将无法提供所有服务。
请确认以下内容并同意。

  • 后续翻译页面使用机器翻译。因此,翻译页面并不总是正确的。
  • 此外,我们不对翻译负责。
  • 翻译页面仅供参考,因此日语页面的内容优先。
  • 呼叫中心仅提供日语服务。请注意,我们无法回复日语以外的查询。
  • 我们公司提供的某些服务可能不适用于非居民。

주의 및 확인 사항

이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다.
외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다.
다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오.

  • 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다.
  • 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다.
  • 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다.
  • 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다.

ATTENTION(日本語)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
  • Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
  • Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.